170817

2013年10月13日日曜日

いまさら・・・??

三連休中日となる本日・・・。

多くの方にご来館いただきましたw

ありがとうございます <m(__)m>


サケの仲間を楽しく知ることができる「大水槽前レクチャー」にも、
多くの方にお集まりいただきました。


ところで・・・、の話題なのですが、



受付カウンターで展示しているニホンアマガエルのオタマジャクシですが、
 
本日、そのうちの1匹が上陸しました \(^o^)/


まだ、尻尾の残る幼蛙(ようあ)と呼ばれる状態ですが、
後脚に続いて前脚も揃い、顔つきもオタマジャクシからカエルになりましたw

ニホンアマガエルは、初夏の時期に産卵、夏場に上陸します。
今時期でもオタマジャクシを展示していると、
(生態をご存知の方からは) 「まだオタマジャクシいるのね~」
といわれます。

このオタマジャクシたちは、敷地内の水たまりから採取してきたものですが、
展示しているものだけではなく、
元の水たまりのオタマジャクシたちも、のんびり屋さんが多いのか、
後脚も生えていない個体がほとんどです。


朝晩はだいぶ冷え込むようになり、
秋の深まりを感じる今日この頃・・・、

本来は、エサとなる虫たちの多い夏場にはカエルとなって、
栄養をしっかりと取って冬眠を迎えるはずですが、

このオタマジャクシたち(特に野外の)は、この後どうなるのでしょうか???



おまけ:

今日の午後、空を染めていた虹 ↓↓↓


(T.N.)

0 件のコメント:

コメントを投稿