170817

2013年10月2日水曜日

かわいい~~~w ↑↑↑

標津サーモン科学館の受付カウンターには、
小さな水槽がいくつか並んでいます。

素通りしてしまう方が多いのも事実ですが、

よくよく覗き込んでいただくと、小さくてかわいいメンバーが揃っていますよ♪

その中で、

エゾサンショウウオ

エゾサンショウウオ水槽は、
スタッフ間でもひそかな人気を集めています。

今年の春、卵を採取し育て上げてきたものたちが
現在、全長5cmほどになっています♪


この子は、いつも、
お気に入りの巣穴から、顔だけ出していますw

だいぶ環境に慣れてきたのでしょう、
受付スタッフからピンセットで餌を食べるようになりました♪

(今日の餌はハエ)

それどころか、
スタッフが水槽前に近づくと、餌をもらえるのかと、
反応するようになりましたよw

これぞ、サンショウウオ飼育の醍醐味のひとつ♪

受付スタッフも、その魅力にはまり、
時間を見つけては、エサとなるハエを求めてうろうろしていますw

というような写真を撮っていた所で、
もう一つの水槽を見て、

「かわいい~~~」

と嬌声を上げる受付スタッフ。




エゾサンショウウオ水槽の隣のカエル水槽。

ニホンアマガエルとエゾアカガエルを展示しているのですが、


2匹が重なってガラス面に張り付いていました!!

日々これらの水槽を目にしながら業務にあたっている受付スタッフによると、
この2匹はとても仲良しで、割と一緒にいることも多いのだとか・・・。

その直後に、
「カエルってお腹側から見ると、結構気持ち悪いですね・・・」
とつぶやく受付スタッフ(うら若き女性)

乙女心と秋の空・・・、

日々移ろう空模様と、女性の心模様に翻弄されながら、
日々業務にあたる私でした・・・。

(T.N.)

0 件のコメント:

コメントを投稿