170817

2014年7月31日木曜日

手直しと新入りと・・・。

今日で7月も終わり・・・。
過ぎ行く日々の速さに焦りながらも、
なかなか片付かない業務を憂いつつ、

本日は、館内「大水槽」横の

90cm水槽

少々気になっていた手直しをw

ホッカイエビ(ホッカイシマエビ)をメインとしつつも、
ハナサキガニやイソバテングなど様々な生き物の雑居水槽になっていますが、

先日よりメンバーとなっているトクビレ科の魚たちの体つきや動きを見ていて、
砂に潜りたそうだなぁ~と感じていました。

というわけで、底床の小石にの上に細かい砂を追加投入!!

その結果、

シチロウウオ

 シチロウウオは体半分ほどを砂に埋め、満足気。
カムトサチウオに至っては、完全に砂に潜ってしまい、
写真に収めることもかないません・・・。

以前投入したエラコはカニたちのオヤツにになりつつも、
割と調子良さそうで、

 雪のような細かいイサザアミを背景に開くエラコの花

続いて、新入り情報♪

↓↓↓



シルバーアロワナ

熱帯アマゾン川などに住む古代魚です。
まだまだ小さな個体ですが、何とも言えぬ魅力があります。
(何十万円もする高価なアロワナは「アジアアロワナ」ですので、念のため・・・)


タコクラゲ

こちらも暖かい海に暮らすクラゲです。
丸っこい容姿と白い水玉模様が愛らしいwww

いずれも館内2階展示室「観賞魚コーナー」に展示していますよ~♪


以下、余談。

今シーズン、活魚作業に出掛けても
サクラマス・カラフトマスなどサケ科魚類に恵まれない館長。
漁師さん方の間でも、すっかり「持ってないキャラ」が定着してしまっています。

今朝も活魚作業に赴きましたが、

まさかのシロザケなし!
まさかのカラフトマス1本のみ!!
 
サンプル用に欲しかった
アメマスもウグイすらもなし!!

カラフトマス1本を除いては、特記する必要のない貧果で帰館し、
「新入り(ほぼ)なし」!!

船の上でも漁師さんたちのニヤニヤ顔に囲まれ、
いたたまれなかったそうです・・・。

という結果を受けて、
明朝は私が乗船してきます(プレッシャー・・・)。
 
(T.N.)

0 件のコメント:

コメントを投稿