170817

2014年12月29日月曜日

キャビアw からの~~~♪

先日のことになりますが、


北海道大学から荷物が届きましたw

中身は・・・、

(イマイチな画像ですが・・・)

キャビアwww

といっても、
もちろんお歳暮でもクリスマス用の食材でもありません・・・。

当館と北大ではチョウザメの増殖試験研究を共同で行っており、
(キャビアというよりは)チョウザメの受精卵が届いたというわけw

今回の卵は、オオチョウザメ(メス)とコチョウザメ(オス)を掛け合わせた
「ベステル」という交雑種です。

到着した日から、


少しずつ孵化が始まり・・・、

↓↓↓





現在、数百匹ほどの赤ちゃんが誕生しています \(^o^)/
(画像の丸いものは卵の殻)

「ハッチングジャー」と呼ぶ水槽で飼育中w
 

全長で1cmもないでしょうか。
小さなオタマジャクシのような仔魚たちは、
水槽内をクネクネと身をよじらせながら
上へ下へと泳いでいます。

エサを食べ始めるのは年明け以降になりそうです。


ダウリアチョウザメ親魚

こんなに大きくなるのは、だいぶ先のことでしょうが、
貴重なチョウザメたちの健やかな生育を
願わずにはいられませんw


** お知らせ **

標津サーモン科学館は、
12~1月は冬期休館中です。
また、例年好評をいただいている
「お正月特別開館」ですが、
館内補修工事のため、
今回はお休みさせていただきます。
 
*********
 
2月の休館明けには、
このチョウザメの赤ちゃんたちも
館内の水槽でお披露目できる・・・かな??
 
(T.N.)
 

0 件のコメント:

コメントを投稿