170507

2015年1月5日月曜日

お年玉・・・??

本日1/5、
標津サーモン科学館も、仕事始めとなりました。

**********

標津サーモン科学館は、
12~1月は冬期休館中です。
2月より開館予定です。
**********

年頭にあたって、
館長から「ありがた~い」お訓示が・・・、

という間もなく、
鳴り始める館長の電話。

漁師さん方も今日から水揚げということで、
「○○が獲れたぞ~」という報せ。


早速漁港に赴き、
やって来たのは・・・、


 ダウリアチョウザメ(127cm)

ダウリアチョウザメが、なんと!!


ダウリアチョウザメ(157cm)

なんと、2尾!!!!

それぞれ別の漁場から連絡を頂きました。

標津周辺では年に数回チョウザメが獲れることがありますが、
同じ日に2尾も獲れるのは珍しいことでしょう。

なんという、お年玉w

↓↓↓



大きい方に関しては、
「もう死んでいるけど・・・」
という情報でしたが、
わずかながら息があったので、人工呼吸。

水合わせ・温度合わせをしてからバックヤードへ収容します。

「お姫様抱っこ」で!!
(小さい方)

*大きい方は2人で「抱っこ」ですw


大きい方は、元々瀕死の状態でしたので、
自発呼吸まで回復しましたが弱々しい状態。
小さい方も、あまりいい状態ではありませんが、
なんとか生きながらえてくれればと思っています。



何はともあれ、

「こいつは春から縁起がいいや!!」

ということで・・・。

ご連絡いただいた漁師さんと漁組の方、
ありがとうございます <m(__)m>

※近隣の漁師さん、及び関係者の皆様、
 珍しい魚・変な魚などが獲れた際には、
 是非サーモン科学館へ、ご一報を!!

1/6追記:
大きい方は、残念ながら「×」。
おそらく数時間は
陸にあげられていた状態だったでしょうから、
多少なりとも息を吹き返しただけでも
チョウザメの生命力の逞しさを
感じさせられました。

自発呼吸が見られるようになった時、
館長が
「なんだか~、いけるような気がする~~♪」
という古いフレーズを口にしたことを
この場に晒さずにはいられません。
 
(T.N.)

0 件のコメント:

コメントを投稿