170507

2015年5月9日土曜日

チョウザメが・・・!!

かつて明治時代までは、
道内の河川にもミカドチョウザメが
遡上・産卵していました。

その姿は今見られなくなり、
ロシアなどから回遊してきたチョウザメが
時折国内沿岸で捕獲されています。

ダウリアチョウザメのことが多いのですが、
極稀にアムールチョウザメ、
ミカドチョウザメがやって来ているようです。

とはいえ、その数は、
例年1年間で数匹程度・・・。


一昨日5/7、
網走の隣、常呂でチョウザメが漁獲され、
網走市の東京農業大学でキープされているとのこと。

本日5/9、それを受け取りに行くため
準備を整えていた館長に掛かってくる電話・・・。

「チョウザメが獲れたんだけど・・・」

↓↓↓

標津沿岸の定置網に
36kg・180cmのダウリアチョウザメが入り、
漁師さんが連れてきてくれました!!

それをバックヤードへ収容し、
館長は慌ただしく網走へ出発。

そして・・・、


ダウリアチョウザメ(40kg・194cm)が
やって来ました!!

こちらも、バックヤードへ収容。

ちょっと外傷もあり不安な状態ですが、
とりあえず様子見です。


それ以外にも、釧路を始め
道内・本州でもダウリアチョウザメが
この所立て続けに獲れており、

今年はチョウザメの当たり年!?

これは、特別展「チョウザメ」開催のご利益か???


急遽2尾のチョウザメ搬入に伴い、
バックヤードの1尾を屋外タンクへ移動。


今年1/5に標津で獲れたダウリアチョウザメ。
屋外タンク収容の4尾目なので、
「よっぴ」と命名されました \(^o^)/
(こんな名前の付け方でいいものか・・・??)


漁業者の皆様へ
チョウザメ(種問わず)の野生個体は
研究および養殖の種親として
大変貴重な存在です。
チョウザメが漁獲された際には、
サーモン科学館を始め水族館や
北海道大学など研究機関へ
ご一報ください!!


本日のお客様 ↓↓↓


飼育棟前をうろついていた
エゾヤチネズミw


(T.N.)

0 件のコメント:

コメントを投稿