170701

2016年10月1日土曜日

実習生日記:10/1 その1

こんにちは。
9/23からインターンシップ実習で
標津サーモン科学館にお世話になっている
N大学のN.M.です。

先日、標津サーモン科学館の近くの小川で
生物採集をしました。



長靴がついている水産用サロペット、
いわゆる「ウェダー」を着用し、
タモ網を持って行ってきました。

初めてウェダーを着ましたが・・・、

これはいいですよ!!

水の中に入っても、服が全く濡れません。
(濡れるものを「ハズレ」と呼ぶ・・・)

大雨の日にも、とってもおススメです??

採集方法としては、
タモ網を障害物の近くに配置し、
水中の足を追い込んでいきます。
この時、タモ網の中に生き物が入っていくように配慮しながら、
捕獲していきます・・・。



↓↓↓



非常に楽しかったのですが、
唯一困ったことは、

蚊がとても多い‼

ということです・・・。

生き物採集には虫除けグッズ必須ですね。

そんな感じで小1時間ほど経過し・・・

採集できた生物は、
ヤマメ、アメマス、スジエビ、トゲウオ類、などです。
特に、スジエビを大量に採集できました。
採集した生き物の中で一番大きかったのは、
約30cmもあるアメマスです。
タモ網で、そんなに大きな魚が捕れるとは思いませんでした。
捕獲した人は、N大学のR.O.です。
彼には魚捕りの才能がありますね。

サーモンパーク敷地内の小さな小川ですが、
たくさんの生き物が生息していました。

みなさんも標津サーモン科学館に訪れたら、
建物周辺の敷地も
ぜひ散策してみてください。
晴れた日に行くととっても和みますよ~。

今回採集した生き物は、
標津サーモン科学館で展示しています。





正面玄関入り口前にあるタッチプールと、
玄関ホールにある横長の水槽などで、
元気に泳ぎ回っています。

私たちが蚊に刺されながら頑張って
採集した魚たちをご覧いただけると、
とても嬉しいです。
(N大学:N.M.)

標津サーモン科学館のFacebook
ヨロシクネッwww

0 件のコメント:

コメントを投稿