2018年12月13日木曜日

今秋のカレイ釣りをふり返る

カレイ釣りが好きな私。
時間があれば,初夏から晩秋まで,主にクロガシラガレイの大物を狙った投げ釣りをします。
昨秋,嬉しいことに,根室管内の某漁港にて,自己記録を更新する全長42㎝,体重1.35kgのクロガシラガレイを釣り上げました♪


 昨秋釣れた全長42㎝のクロガシラガレイ

このクロガシラガレイ,非常に肉厚の抱卵魚で,刺身と煮付けを存分に堪能しました。
もちろん釣り味も抜群で,特に手前に来てからの重量感と力強い引きは忘れられません。

ということで,今秋はこれを超える45㎝以上の大物クロガシラガレイを狙って,その漁港に通っておりました。ここはクロガシラガレイの数は釣れないですが,釣れれば30cm以上という感じです。


 根室管内の某漁港

↓↓↓

2018年12月11日火曜日

全部抜く!

昨日12/10は、当地の自然を楽しむ情緒的な記事を投稿しましたが、

リアルな業務では、なかなか「おおごと」が繰り広げられた日でして・・・。

その舞台は、



標津サーモン科学館で一番大きな水槽である「海水大水槽」!

この冬季休館中に改修工事を予定しており、水槽内部をいったん空っぽにする必要がありまして、

リアルガチに「全部抜く!」作戦、決行です!!

開館以来27年間、この水槽を空にするのは初めて。



地下の「まさか!」という場所にあるバルブを開けて、排水していきます。



110klの海水、だんだん水位が下がってきて・・・、

↓↓↓

2018年12月10日月曜日

冬の訪れ

今年は雪が遅いね。

全道的に、そんなセリフがあいさつになっていましたが、
先週12/7~8にかけて、標津でもまとまった降雪となりました。

遅れても雪が降らないということにはならないでしょうから、「来るべきものが来た」という感覚でしょうか。夜の冷え込みも、厳しくなってきましたね。
除雪作業が、日々のルーチンワークに仲間入りです。

そんな今朝12/10、出勤途中に目に付いたのは、



↓↓↓

2018年12月5日水曜日

力仕事day

冬季休館中の標津サーモン科学館。
休館中でお客様は来館されませんが、職員も「お休み♪」となるわけではありません。
日常的な魚の世話もありますし、開館中にできないような仕事を片付ける期間でもあります。

本日12/5の戦場は「魚道水槽」。

この水槽は11月に「シロザケの産卵行動」を展示し、



水槽内での産卵を目の当たりにしてきました。

そのためには、サケが産卵できる環境を水槽内に再現するわけで、水槽内には砂利を敷き詰める作業を10/31にしたわけです。

で、1か月経って、今度はその砂利を上げる作業・・・。



↓↓↓


2018年12月4日火曜日

海と大地の恵み '18冬

じゃーん!



ニュース等でご覧になった方も多いのではないでしょうか?

昨日12/3になりますが、



 恒例の「ホタテ・バターの無料配布」の日♪

標津漁業者漁船部会と農協のご厚意により、標津町内各戸に特産のホタテとバターが提供されます。
漁業と酪農が盛んな標津町ならではの、太っ腹なふるまい!!

毎年、8月にホタテ、9月に秋サケ、12月にホタテ+バターの配布があり、「その日」ばかりは標津町への移住希望者が瞬間的に激増します!



 我が家にも、ホタテ12枚にバター2箱が届きまして、

↓↓↓