2019年1月15日火曜日

氷の季節

先日1/13、網走で流氷初日を迎えたというニュースを聞きつけ、
昨日1/14、様子を見に行ってきました!

名勝「天都山」に立つ「オホーツク流氷館」の屋上から見渡せば、


網走市街からやや東寄りの海上に流氷帯が!
(前掲画像赤丸部分)

何事も「初物」はありがたい気分になりますね♪

いよいよ流氷シーズンの到来、これから一面を流氷が埋めるようになるでしょう。

そんな寒い季節のお楽しみといえば・・・、

↓↓↓

2019年1月10日木曜日

回想:バイカモ美しき川

昨秋,管轄機関の許可を受け,関係者以外の立ち入りが禁止されている根室管内某河川の最上流部で,サクラマスの遡上親魚を観察させていただきました。そこは湧水が豊富で,日本固有の沈水植物であるバイカモ(梅花藻)が繁茂する美しく穏やかな流れ。



水温を測らせてもらうと,午後3時頃で9.5℃。



 同じ根室管内でも,その日の午前,調査に同行するため入渓した別な非湧水河川では,正午頃で16.8℃(ただし,下流部の水温)。同じ管内でも,河川間で水温環境はかなり違うようですね。



話は戻って,その日の午後,某河川の最上流部を見せていただくと・・・

↓↓↓

2019年1月9日水曜日

続く館内工事

今年は館内改修工事のため「お正月特別開館」は休止となり、ちょっと寂しいお正月でした。
毎年楽しみにして頂いている方も多く、申し訳ありませんでした。


地上30m「展望室」から武佐岳(1/8)

お正月も明け、館内の改修工事も進んでおります!

年内には、一部水槽内の改修作業が進められましたが、
現在は・・・、

↓↓↓

2019年1月1日火曜日

謹賀新年

2019年、明けましておめでとうございます。

本年も、標津サーモン科学館をよろしくお願いいたします。

この冬は、館内改修工事のため、
恒例の「お正月特別開館」は休止となります。

毎年楽しみにされている方も多く、大変申し訳ございませんが、
ご了承ください。

標津サーモン科学館は、1月末まで冬季休館中です。
2/1より、開館いたします。


標津サーモン科学館のFacebook
ヨロシクネッ♪ 
__

標津サーモン科学館は冬季休館中(12~1月)です。2月1日からの開館となります。
館内改修工事のため、「お正月特別開館」は休止となります。
隣接のサーモンハウスも、今季の営業を終了しています。
サーモンハウス横の公衆トイレは、常時ご利用いただくことができます。
*夜間は閉鎖
__ 

2018年12月28日金曜日

仕事納め 2018

標津サーモン科学館も、
本日12/28、一応の「仕事納め」となりました。
生き物の世話や施設管理業務に「正月休み」はありませんが・・・。

本年中、ご来館頂いた皆様、
運営にご協力頂いた皆様、
当ブログ・Facebookページを日々ご覧頂いている皆様、
改めて感謝申し上げます。

ありがとうございました <m(__)m>

この冬は、館内改修工事のため、
恒例の「お正月特別開館」は休止となります。


毎年楽しみにされている方も多く、大変申し訳ございませんが、
ご了承ください。

↓↓↓

2018年12月27日木曜日

初心者の「イクラの醤油漬け」入門

しばらく前の話になりますが、とあるお店にて「筋子」を発見。

丁度、その数日前に本田翼さん、佐藤浩市さんらが出演している「起終点駅」という北海道の釧路を舞台にした映画を視聴。
そのワンシーンで、本田翼さんが、佐藤浩市さんに「醤油イクラを作ってほしい」と、せがむシーンがあるのですが、

うらやましいと思ったので・・・

「そういえば、北海道に来て、まだ醤油イクラを作ったことないな~」と、思っていたので・・・、

良い機会だと思い筋子を購入、「醤油イクラ」を作ってみました!!

まずは、筋子をイクラにばらすことから始まるのですが、



これが悪戦苦闘・・・。

ネット情報を頼りに、「ぬるま湯の中でばらす」手法を試してみたのですが、
そう簡単にはいかず・・・。



スジは残ってるし、ちょっと白く濁ってる・・・。

その後、「冷水の中でばらす」手法にもチャレンジし、肌寒い秋の夜、筋子と格闘。

なんとかイクラにばらしたら、あとは簡単♪

↓↓↓

チカを肴に

正月が近づき,寒さが一段と厳しくなる時期を迎えましたが,標津付近の漁港ではチカを狙った釣り人を見かけます。
10数年間,チカ釣りをしていなかった私ですが,そんな釣り人たちを眺めていると,久々に釣ったチカを肴に一杯やりたくなったので,先の休日,標津町の隣町・別海町の尾岱沼漁港を訪れました。


尾岱沼漁港でチカを狙う釣り人

夕方3時頃,現地に到着。
岸壁には6~7組の釣り人がいましたが,大半は帰り支度を始めており,「釣れてないのか?」と不安がよぎります。
が,納竿した1組のバケツを見せてもらうと,良型のチカが結構入っていました。

これは期待できそうだと,早速竿を出してみます。仕掛けは10数年前に購入したチカのサビキ仕掛け(6号針)。竿も一昔前のグラスロッド。クラシックスタイルで臨みます。



↓↓↓