2018年11月16日金曜日

標津の味覚をお届けっ♪

少し前になりますが、11月3日と4日、相模女子大学の学園祭にて開かれた地域物産展に参加してきました!!

そもそも、なぜ相模女子大学へ行くこととなったのか、といいますと、標津町と相模女子大学との間では、共同プロジェクトが行われているからです。
その連携企画の一つとして、「感動しべつ弁当」というコラボ弁当があります。


「感動しべつ弁当」(郷土料理「武田」さんのサイト)

こちらのお弁当、相模女子大学栄養教育研究所と連携し、標津の特産品(サケ、ホタテ、ジャガイモ等)を使用し、標津の旅館や食堂の女将さんと、相模女子大学の学生さん達が健康と栄養を考慮して完成させた一品です。

私も、こちらのお弁当を頂く機会があったのですが、大変美味しかったです!

お品書きはこんな感じ・・・

*********
主食   贅沢イクラのキラキラごはん、天然鮭ごはん
主催   標津牛のロースビーフ、天然鮭のチャンチャンロール、天然鮭の塩焼き
副菜   わらびの胡麻和え、ジャガイモととろろ昆布の酢の物
デザート くるみとそば粉のマーガレット羊羹  など
*********

カロリー・塩分控えめで、かつ、素材そのものの味が楽しめる調理・仕上がりになっていると思います!

このように、標津町と相模女子大学の結びつきがあるんです。

そんな縁があって、学祭である「相模祭」に標津町も参加しているのですが、第11回目となる今回は、「鮭とば」や「帆立子」、「たこくんせい」、「鮭とチーズのミルフィーユ」など、 標津町の特産品を使用した珍味を販売しました!


↓↓↓

2018年11月15日木曜日

実習生日記:11/15

こんにちは!

またまた11/6からインターンシップ実習で標津サーモン科学館に来ているN大学生です()
今回は、北海道に来て、「思っていたより寒くない」と感じているN.T.が書きます!

私が書かせていただくのは、
実習中の課題の一つである実習生が作った掲示物です!

館内にはたくさんの掲示物があるのですが、その中に実習生が作った掲示物がたくさんあるんです。

これは
「こんな掲示物があったら、お客さまがよりわかりやすく、より楽しめるのでは?」
と思うものを、実習生が考えて作ったものです。

例えば、、、


これは、「チョウザメ指パク体験コーナー」の掲示物です。

チョウザメが顔を出している理由が、絵でわかりやすく書いてあり「浮くエサをあげているからだ」と、わかりますね!

他にも、、、



このような注意書きの掲示物や、水槽の魚を撮るときのコツを書いた掲示物なども、実習生が作った掲示物なんですよ!

どちらも目立つよう工夫されていますね!

そして、掲示物の中でも私のオススメなのが、

↓↓↓

2018年11月13日火曜日

実習生日記:11/13

こんにちは!
11/6からインターンシップ実習で標津サーモン科学館に来ているN大学のM.K.です。
北海道に来たのは五回目くらいのはずですが、予想以上に寒いです!!

私が今回書かせていただくのは、イトウについてです。
イトウはサケ科イトウ属で北海道、南千島、沿海州、サハリンなどに生息しています。
近年数が減少しているため“幻の魚”と呼ばれ、日本の川に住んでいる魚の中で一番大きくなると言われています。

館内には小さなものから大きなものまで、様々な大きさのイトウがいます!!


 「海水大水槽」のイトウ

↓↓↓

2018年11月12日月曜日

まだまだいるよ♪ 「鮭ネーム」さん

昨日11/11、「鮭の日」ということで、
お名前にサケ科魚類の呼び名が入っている方は、サーモン科学館のご入館が無料になるキャンペーン、
『鮭ネーム』さん いらっしゃ~い‼ 
を行いました!
ご来館いただいた皆様、ありがとうございました m(__)m

ご来館いただいた中で対象となったのは、
桜井(さくらい)さんと朝倉(あさくら)さん(どちらもサクラマスの「サクラ」が入っている)の2組だけでしたが、これまでに挙げた事例以外にも、
こんな方々が対象になるんです!

↓↓↓

2018年11月10日土曜日

実習生日記:11/10

こんにちは。
11月6日から標津サーモン科学館でインターンシップ実習をさせていただいているN大学のS.F.です。
今回の実習で初めて北海道を訪れましたが、だんだん秋が終わるこの時期、とても寒いです!!!!!!!
予想はしていましたが、布団から出られない朝が続いています…(笑)

今回は、標津小学校6年生のシロザケの人工授精体験学習と解剖を見学させていただいたことについて書かせていただきます。

標津小学校では小学2年生から学習段階に合わせ、サーモン科学館にてサケに関する体験学習を行っているそうです。私は、このような交流実習をする機会がなかったので、とても羨ましいです!

今回は、シロザケのメス5匹、オス4匹を使いました。
改めて手に取ると、サケはとても大きな魚であることを実感します。

まず体長、体重を測り、いざ採卵!

↓↓↓

2018年11月8日木曜日

忠類川観察会:標津小学校編

こんにちは。
インターン実習でお世話になっているTCE専門学校のI.N.です。

先日11月6日、
町内標津小学校5年生の皆さんが野外体験学習にきてくれました。
私も同行させていただいたのでご紹介します‼

今回は、町内忠類川で自然産卵するサケたちの様子を観察します。

観察する忠類川付近はヒグマの生息地でもあるため、スタッフは子供たちが到着する前に、ヒグマの気配や痕跡がないか、現場周辺を確認します。

子供たちが到着したら、まずは橋の上から産卵行動を観察。


橋の下の流れにいるサケたちに夢中

その後、河原に降りてサケを観察。



どんな場所で産卵しているのか、
産卵に向けて川底を掘るメスや、
メスを巡るオス同士のけんかなど、
産卵に至るまでの行動を観察します。



さらに、死骸(いわゆる「ほっちゃれ」)の観察を行いました。
(この続きでは、サケの死骸の画像があります)

↓↓↓

2018年11月6日火曜日

今年もやります! 11/11は「鮭の日」キャンペーン!!

11月11日

1が4つ並ぶため、数々の「○○の日」になっています。
近年では、某大手菓子会社による棒状菓子の日として、強力なCM攻勢が仕掛けられていますし、水族館業界でも「チンアナゴの日」として、認知度が上がってきているところですが、

が!

標津サーモン科学館としては、

「鮭の日」デス!!

「鮭」という漢字を分解してみると、『魚・十・一・十・一』となるため、11月11日は「鮭の日」。
「鮭の日」は、1987年に新潟県村上市が制定、1992年には大阪市中央卸売市場「鮭の日委員会」が制定、さらにこれらと別に築地市場の北洋物産会が制定し、2003年に日本記念日協会から正式に認定されたという。

今年も、ちょっとしたキャンペーンをヤッチャイマス!



『鮭ネーム』さん いらっしゃ~い‼ 

「鮭の日」である11/11(日)限定で、お名前にサケ科魚類の呼び名が入っている方は、サーモン科学館のご入館が無料に!

なかなか「鮭」が入っている方はいないので、
種名(標準和名)だけでなく、
サケ科魚類の地方名・学名・英名・料理名などが、自分の名前に含まれている方」
を対象とします!

図鑑などの記載をよ~~~く見て、自分の名前にサケの仲間が隠れていないか、探してみて下さいね。

こちらの過去記事↓も参考にしてくださいね♪
こんなにいる! 『サケネーム』さん♪

私たちが見つけていない「鮭ネーム」さんの登場に期待しています!

ご入館の際に、ご申告の上、氏名を確認できるものを提示、および名前のサケに関する部分を提示してください。(後で気づいても払い戻しは不可)
キャンペーンは11/11(日)限定の企画となります。
無料入館となるのは、対象のご本人様のみとさせていただきます。

今回は「鮭の日」企画のため、サケ科魚類以外の鈴木さん(スズキ)や松川さん(マツカワ:カレイの一種)などは除外させていただきます。
ご了承下さい。

(T.N.)

*標津サーモン科学館は、11月は水曜休館となります。

標津サーモン科学館のFacebook
ヨロシクネッ♪