2020年11月30日月曜日

ありがとうございました!

本日11/30、

標津サーモン科学館は今季最終開館日となりました。

明日12/1から1/31までの2か月間は、冬季休館とさせていただきます。

今年も多くの皆様にご来館いただき、ありがとうございました。

また、運営にご協力いただいた皆様にも、感謝申し上げます。


Twitterイベント「#サーモン科学館ふきだし大喜利」

最終問題となる「お題3」の回答期限は、明日12/1の23:59までとなっています。

↑ お題3:ふきだしに入る言葉をいれよ


標津川「観覧橋」も、本日11/30を持ちまして、今季の供用を終了とさせていただきました。


サーモンパーク駐車場・遊具類は、引き続き冬季も開放していますが、遊具エリアの除雪は行いません。(夜間閉鎖)

駐車場近くの公衆トイレは、常時ご利用可能です。(夜間閉鎖)

※隣接建物の工事で、一時的にご使用いただけなくなる場合があります。


毎年好評いただいている「お正月特別開館」は、休止とさせていただきます。
御了承ください m(__)m

雲を赤く染めながら、日が沈んでいきました。(「展望室」から撮影)


冬季休館中も当ブログやFacebookTwitterでは、魚たちの様子など更新していきますので、引き続きお付き合いください♪

なお、職員は出勤しておりますので、ご不明な点がありましたらお問い合わせください。 

※冬季休館中に視察・取材や団体でのご利用希望がございましたら、可能な範囲で対応いたしますので、事前にご相談ください。

(T.N.)

__

標津サーモン科学館のFacebookTwitterも ロシクネッ♪ 

☆標津サーモン科学館は、12~1月は冬季休館となります。
__


2020年11月22日日曜日

産んだ卵は・・・

 ある日の夕刻・・・、

館内「魚道水槽」では、作業するスタッフの姿が展示されていました(笑)

「砂場で遊んでいる子供」のようにしか見えないかと思いますが、「卵の回収」というれっきとした重要作業なのです!

↓↓↓

2020年11月20日金曜日

Twitterイベント「#サーモン科学館ふきだし大喜利」開催!

標津サーモン科学館公式Twitterのフォロワー数が、11月7日に1,000人に達成しました☆☆☆

日々投稿を見てくれている皆さまへの感謝の気持ち&新しくフォローしてくださった皆さまへの今後よろしくお願いします!の気持ちを込めて、プレゼントイベントを開催いたします!!!

気になるイベントの内容は~~~~

サーモン科学館の生き物を題材とした大喜利です!!

画像のふきだしに言葉を入れて、かわいく・楽しく・もしくは真面目に!?おしゃべりさせてください♪


お題は全部で3問出題します。※各日朝に出題予定です

1問目:11月23日発表(1問目の締め切りは11月25日23:59までの投稿)

2問目:11月26日発表(2問目の締め切りは11月28日23:59までの投稿)

3問目:11月29日発表(3問目の締め切りは12月1日23:59までの投稿)


ご投稿いただいた回答を、サーモン科学館担当者の独断と偏見で得点付けします!

そして3問の合計得点が高かった上位10名様に豪華景品をプレゼント!!!


気になる景品は、 な・な・なんと‼‼‼‼

最優秀賞1名:標津産サケ一本

優秀賞9名:サーモン科学館オリジナルグッズ詰め合わせ

拍手!!はくしゅゅゅ!!!

(1,000人もの方にフォローされているのが嬉しすぎて大奮発しちゃいます ^^V )

__ ↓↓ __

<参加方法>

1. 標津サーモン科学館のアカウントをフォロー!

(すでにフォローしている方はこの手順は必要ありません)



2. ダイレクトメッセージを受け取れる設定にしてください

(入選者への通知や、プレゼントの発送手続き等でご連絡いたします)


3. お題となっている画像の吹き出しに文字を入力した画像と、以下のハッシュタグ

#サーモン科学館ふきだし大喜利

#最優秀賞はサケ一本

#鮭の聖地

を付けて、「コメントをつけてリツイート」で投稿してください。

(お題の画像をスクリーンショットやダウンロードして文字を入れてください)

お題(例) ↓


回答(例) ↓

結果は、期間終了後Twitter上で発表いたします。

サケ1本はいったい誰の手に!?

たくさんの方で盛り上げていただけたら嬉しいです! ドシドシご応募ください☆


<ご注意>

※公序良俗に反する投稿はしないでください。

※各問題には1アカウント1回の解答でお願いします。(全3問あるので1アカウント最大3回の解答ができます)

※非公開ツイート(鍵アカウント)は投稿内容を見ることが出来ないので、選考の対象外とさせていただきます。

※入選した方には、ダイレクトメッセージでご連絡させていただきます。

※作品はサーモン科学館Twitterで紹介させていただく場合があります。

※選考内容についてはお問い合わせいただいてもお答えできません。

※入選した方にお寄せいただいた個人情報は、賞品の発送にのみ使用させていただきます。


(地域おこし協力隊サーモン科学館支援員:I.N.)

__

標津サーモン科学館のFacebookTwitterも鋭意更新中!

2020年11月17日火曜日

実習生日記:11/17

こんにちは!

11月12日から博物館実習でお世話になっているTN大学O.A.です。

先日11月13日、標津小学校6年生のみなさんがシロザケの人工授精体験に来てくれました。

私もお手伝いさせていただいたので、その時の様子をご紹介します!

まずは、館長がサケの生態や、体験をするにあたっての注意事項を説明しています。

生徒のみなさん、真剣に聞いています。

次に、サケの体長や体重を計測していきます。

この時に、ただ測るだけでなく、館長がクイズを出すなどして、現場は盛り上がっていました!

次は、いよいよ採卵です!

↓↓↓

2020年11月16日月曜日

展示物作成中!!

こんにちは。

11/5~15、博物館実習でお世話になっていたTN大学のO.T.です。


実習中には様々な作業・課題にあたるのですが、今回は「展示物できるまで」のお話です。

課題の一つとして、「A4サイズで、展示している魚の解説やクイズを書いた『展示物』を一つ作成する」というのがあるのですが...、


すごく難しいのです!( ゚Д゚)


なぜ難しいのか、

それは、歴代の実習生たちが作ってきた展示物の完成度が、すごく高いからです!

 『実習生が作った展示物』

来館されたお客様は、見たことがあるかもしれないホッカイエビ(ホッカイシマエビ)の解説ですが、これは実習生が作っていたのです。 Σ(・□・;)

エビが赤いのは、殻に含まれているアスタキサンチンと呼ばれる赤い色素が原因だとは知りませんでした。 (;’∀’)

このように、完成度が高い展示物ですが、その裏には実習生とサーモン科学館の職員との苦難の物語があるのです。

↓↓↓

2020年11月15日日曜日

実習生日記:11/15

おはようございます!!

11月5日から15日までお世話になったTN大学のU.T.です。

今回は、標津サーモン科学館正面の右側にある「大池」をご紹介します。

「大池」には、みなさん大好き♡アヒルとコイがいます。

↑ 2羽のアヒルは、親子なんです。(手前が子供で、奥がお父さん)

↑ コイたち

さらに!さらに!

アヒルとコイを眺めるだけではありません!

エサをあげられます。

エサは、池の横にあるガチャガチャで購入出来ます! (1個100円です)

↑ガチャガチャ

実際にエサをあげてみました!

↓↓↓

2020年11月12日木曜日

実習生日記:11/12

皆さん、こんにちは!

博物館実習で11月5日から標津サーモン科学館にお世話になっているTK大学のH.T.です!

今回は、館内2階の常設展示「パネル展示」についてご紹介いたします!

皆さんは、2階のこの展示物を見たことがありますでしょうか?

顔出し看板や掲示物の裏側、壁面のパネル展示です。

実は、この展示コーナーはサケ・マスに関わる文化や生態、知識を得るのに非常に便利な展示なんです!

この中から個人的に気になったものをピックアップしていきたいと思います!

↓↓↓

2020年11月6日金曜日

忠類川でサケを観察

グッドサーモン・エブリワン!

博物館実習で標津サーモン科学館にお世話になっているTN大学のK.I.です!


10月30日に、地元の標津小学校5年生のみなさんと、町内を流れる忠類川に遡上したサケと産卵環境を観察しました。

標津小学校で各学年の学習段階に合わせて行う「サケ学習」の一環です。

副館長から観察するときの注意点や、遡上してきたサケについて学びます。

みなさんとても真剣に聞き入っていて、勉強熱心ですね!

子供たちは、一生懸命目を凝らしてサケを探していました。

サケの群れを見つけることができると、大喜びで叫(サケ)んでいました!

遡上を見られて、本当に良かったですね。

↓↓↓

2020年11月1日日曜日

11/1~「シロザケの産卵行動展示」始まる!

 早いもので11月に入りました。

今朝11/1、標津前浜から北側を見ると、

すっかり雪化粧した知床の山並みが浮かんでいました。

標津サーモン科学館の「魚道水槽」は、サケのライフサイクルに合わせ、季節ごとに展示が変わります。

9~10月の2か月間は、標津川と繋がりサケたちの遡上の様子をご覧いただきました。

11月の展示に向けて、昨日10/31は毎年恒例の展示切り替え作業日。

水路の水の流れを止め、水路内に残っていた魚たちを移動。

水が抜けたタイミングで、全体を清掃します。

その後は・・・、

↓↓↓

2020年10月18日日曜日

11/3:「秋の実習」のお知らせ

【10/24 定員に達したため、受付は終了させていただきます】


標津サーモン科学館では、下記の日程で『秋の実習』を行います。

▼シロザケ人工授精体験▼
11/3(火・祝) 10:00~15:00

サーモン科学館でシロザケの人工授精作業と産卵行動を観察します。



定 員…先着10名
集 合…標津サーモン科学館
参加料…無料
 (ただし入館料または年間パスのご提示が必要です)
持ち物…軍手、タオル、汚れていい服装
その他…小学生以下の方は、保護者同伴でご参加ください。

※各日、1時間程度の昼休みを設けますので、各自で昼食の時間としてください。

◎申し込み、お問い合わせは、サーモン科学館お問い合わせフォームまで

→ 参加される方の氏名・年齢・連絡先を記載してください。


皆様のご参加をお待ちしております。
__


標津サーモン科学館「魚道水槽」での「サケの遡上展示」は、10/30までとなります。
10/31は切り替え作業をして、11月は「産卵行動展示」となります。

また、11月は水曜日が休館日となります。
ご注意下さい。

__

標津サーモン科学館のFacebookTwitterも鋭意更新中!
日々の遡上状況などもお知らせしています。

2020年10月13日火曜日

よく調べました♪

町内の標津小学校では、各学年の学習段階に合わせた「サケ学習」がサーモン科学館で行われます。

小学校4年生では、「サーモン科学館探検隊」と題し、当館で展示している生き物など、興味がある対象を一つ選び、それについて調べたことをイラストと文章でまとめる、という「調べ学習」を行います。

その成果レポートが完成し、先日10/9より館内の一角に掲示しています。

先だって、生徒たちは2回来館し、1.テーマを決め、2.それについて調べました。


小さいころから幾度となく来館してくれている生徒も多いと思うですが、
改めて隅々まで探検し、「こんな生き物もいたんだな」と発見があったのではないでしょうか。



↓↓↓

2020年10月11日日曜日

人工授精実習のお手伝い

こんにちは。

10/1から博物館実習でお世話になっているTN大学のS.M.です。


先日10/4に、釧路の教育大学の学生さんたちの実習のお手伝いをさせてもらいました。

実習内容は「シロザケの人工授精体験」でした。


まずは「採卵」です!

シロザケのメスのお腹を「採卵刀」で裂いて卵を取り出します。

普通の包丁だと卵を傷つけちゃうので、専用の刀で「サケ入刀」をしていきます。

↑ 学生さんは上手くサケを裂け(サケ)ていました!



上手く切れたら卵を取り出していきます。
この時「取り切れた」と思っても、まだ結構残っている事があるので、しっかり全部取り出していきます。
この時自分は、お寿司屋さんで何貫分だろうと考えていました。

↑ 取れた卵がコチラです!

たくさん取れました!
ここに何粒あるか気になりますよね?
実はおよその数を計算する事が出来るんです。

↓↓↓

2020年10月10日土曜日

小学校のサケについての学習

 みなさん、こんにちは!

10月1日から博物館実習でお世話になっているTN大学のM.J.です。

宜しくお願い致します!



10月1日に、隣町である中標津町の小学校のみなさんがお越しくださいました!

今回は、遡上したサケを観察します。

まずは、標津川「観覧橋」からの見学です。


ここでは、海から標津川に遡上してきたサケを橋の上から見ることができます。
この日は、あまり数は多くなかったのですが、サケの姿を見つけると歓声が上がっていました!

続いて、館内「魚道水槽」の前で、サケの一生について説明します。

↓↓↓

2020年9月27日日曜日

実習生日記:9/27

こんにちは。

9/20から博物館実習でお世話になっているTN大学のT.M.です。


先日9/26に、人工授精で出来た受精卵の「検卵」の作業を行わせてもらいました!

*「検卵」とは、受精卵の中で死んでしまった卵を取り出す作業のことです。

検卵を行わないと…、

死卵にカビが生えて、それが広がって周りの卵もダメになってしまいます。


今回は、シロザケとカラフトマスの卵が収められている11個の棚を検卵しました。


この「立体式ふ化器」、1列10段の棚に卵が入っており、上から順に水が回るようになっています。これが4列あり、なんと多いときには1人で40個もの棚の検卵を行っているんですよ~!

「立体式ふ化器」


この検卵作業は、「検卵バサミ」というものを用います。

掴む所に、卵に合わせた大きさの穴が開いていて、すごく使いやすかったです!

(ピンセットの先端を加工して自作するそうです!)

「検卵バサミ」


棚の中には、網がかけられています。
これは、なんのためでしょうか?



↓↓↓
 

2020年9月20日日曜日

9/20:サケ、見れます!

9/20時点のサケの遡上状況をお知らせします。

9月上旬は、「いないわけではないが、数は少ない」という状況が続いていた標津川のサケたち。

夏からずっと雨が少なく、標津川も減水状態が続いていたのですが、

9/17~18、久しぶりにまとまった降雨がありました。

目に見えて増水があったというほどではないのですが、サケたちにとっては呼び水になったのではないでしょうか。午後から、館内「魚道水槽」展示面のサケの数が増えてきました。


そこから2日たって、本日9/20、

標津川「観覧橋」から下流側

気持ちよく青空が広がりました♪


一面を埋める魚群・・・、
とはいえませんが、ある程度の数のサケたちの姿が目につきます。
上画像のように、浅瀬を泳いでくれるとはっきりと見えますね。
慣れないとわかりにくいのですが、やや下流側の深みに定位している群れもいます。

そして、館内「魚道水槽」は・・・、

↓↓↓

2020年9月16日水曜日

標津高校人工授精体験:9/13

こんにちは。

9/7から博物館実習でお世話になっているH大学のY.A.です。


先日9/7に標津高校3年生の生徒さんが人工授精体験学習に来てくれました。

私も見学させていただいたので,その時の様子をご紹介します。


今回,人工授精を行うのは「カラフトマス」です!


写真に写っている6尾のうち,左の3尾がオスで、右の3尾がメスです。

オスの背中の盛り上がりは,とてもかっこいいですね!

早速,人工授精を始めていきます!

↓↓↓

2020年9月15日火曜日

感謝の9月15日

久しぶりに朝から青空が広がっている本日9月15日。

標津サーモン科学館の開館記念日です!

1991年(平成3年)9月15日に開館した標津サーモン科学館は、開館29周年を迎えました。

昨日までの29年間でご入館いただいた方は、2,035,989人!!

ひとえに日々ご来館頂いている皆様、
運営にご協力頂いている皆様のおかげであり、
この場を借りて感謝申し上げます。



「サケの町 しべつ」の「サケの水族館」として、
標津町の主要産業の一角を担う「サケ」について、生体展示を始め、
食文化や水産業など、幅広く紹介しています。
また、サケ科魚類の展示種類数は18種30種類を数え、日本一を誇ります。
近年では、チョウザメの飼育・展示・体験も、人気と注目を集めています。

これからも地域の皆様に愛され、
繰り返し足を運んでいただけるような楽しい施設であるよう、
職員一同新たな気持ちで取り組んでいきます。
今後とも、よろしくお願い申し上げます。

館長 市村政樹
他 職員一同


※例年開催しております「秋まつり」並びに「もちまき」ですが、本年は社会情勢を鑑み、中止とさせていただきます。ご了承ください。


◎テレビ放送のお知らせ◎

☆9/18(金)HBCテレビ「今日ドキッ!」15:44~19:00放送内
小橋亜樹さん・堀内大輝アナウンサーが来館されました!
*北海道内

☆9/20(日)テレビ東京「池の水ぜんぶ抜く大作戦」18:30~21:54放送内
たぶん最後の最後にちょっと出ます。
*全国放送

※放送予定は変更となる場合もあります。

標津サーモン科学館のFacebookTwitterも鋭意更新中!
日々の遡上状況などもお知らせしていきます。

2020年9月2日水曜日

9/1「魚道水槽」通水しました! が、・・・。

標津サーモン科学館を特徴づける水槽である「魚道水槽」の切り替え作業を行いました。
9~10月の2か月間、建物裏手を流れる標津川と繋がる水路となり、そこを遡上するサケたちの姿をご覧いただく展示となります。
それに先立ちまして・・・、
ダウリアチョウザメ

まずは、この空間で展示していたダウリアチョウザメ3尾を移動。
全長1.5mを超えるチョウザメたち、タンカを使って移送しますが、


暴れる! & 重い!

という毎度の作業です。
(重い個体は4人がかりでした・・・)

その後、ガラス面を掃除したり、


堰板を調整したり、


魚たちにとっての「入り口」となる標津川畔にあるゲートを開け、


という作業を経まして、通水となりました。

約9か月ぶりに水を流すので、しばらくは濁り水です。


急に水が流れてきて困っているエゾアカガエルたち(目に付く限り、救出しました)↓


さて、これで標津川からサケたちが遡って来るぞ!

というところなんですが・・・。

↓↓↓


2020年8月22日土曜日

標津川「観覧橋」開放開始:8/22

 本日8/22より、

標津サーモン科学館裏手の標津川にかかる「観覧橋」を開放しています。


標津川「観覧橋」

標津川河口から約2㎞

橋の上から、標津川に遡上したシロザケ・カラフトマスをご覧いただく施設です。

今日時点では、カラフトマスの群れが数か所に見られます。

↓↓↓