2020年1月16日木曜日

「館内すごろく」編集後記

1/1から1/5まで、当館では「お正月特別開館」を開催しました。

館内には、願掛け鳥居や「さけますタワー」など、お正月らしい装飾がほどこされました。
そんな中、私が担当したのが「館内すごろく」です!
簡単に説明すると、サイコロを振って出た目に合わせ、館内を巡回するリアルすごろく🎲
今回は、その内容を紹介しちゃいます♡

受付から少し進んだ場所からスタートします。


 スタート地点🏳



この様な表示があるので、サイコロを転がして、行き先を決めます。
1~3の目が出たら「海水大水槽」へ、4~6の目が出たら「ドクターフィッシュ体験コーナー」へと進みます。
進んだ先にも同じような表示があるので、そこでまたサイコロを振ります。
しかし、このリアルすごろくゲーム、ただサイコロの目に従って、移動するだけではありません。

※今回長文、お付き合いください!

↓↓↓

2020年1月4日土曜日

「さけますタワー」のひみつ

長い方で9連休!という今年のお正月。
正月も仕事だよ!という皆様、お疲れさまです (`・ω・´)ゞ
明日1/5で正月休みも終わり、という方がほとんどでしょう。

今回は5日間に渡って開催してきました「お正月特別開館」も明日1/5までとなります!

2020年 標津サーモン科学館「お正月特別開館」
10:00~15:00*入館受付14:30まで)

お正月限定の展示・企画を揃えておりますが、
その中でも、


 「さけますタワー」

酒升を使ってサケの卵・仔魚を展示する「さけますタワー」、ご覧いただいたでしょうか??

「さけますタワー」は略称で、正式名称?は、
「酒升の中には酒ではなくサケが入ってマス」
という長ったらしいもの。

根室地域の地酒「北の勝」の酒樽と木の酒升をあしらい、
透明の酒升の中には、シロザケの卵・仔魚を展示しています。

シロザケの仔魚

 さらには、酒升の一つにだけは、



カラフトマスの仔魚を入れていました。

↓↓↓

2020年1月1日水曜日

謹賀新年 2020

2020年、あけましておめでとうございます!

今年も標津サーモン科学館をよろしくお願いいたします。

年の初めは、野付半島の初日の出から♪


水平線に少し雲がありましたが、キレイな日の出を拝むことができましたよ♪



気温は低いものの、冬晴れの標津です。

2020年 標津サーモン科学館「お正月特別開館」
~ 今年は5日間ヤッチャイマス! ~
1月1日 9:00~15:00
1月2~5日 10:00~15:00

*入館受付14:30まで

色々とお正月らしい企画を用意しています!
※「新春福引」と「お菓子つかみ取り」は1/1~3限定です。

初日1/1、開館から、多くの方にご来館いただいていおります!


大漁!「サケおみくじ」

私の今年の運勢は「カラフトマス」!

明日1/2から5日までは、10時開館となります。
皆様のご来館をお待ちしております!

(T.N.)
__


標津サーモン科学館のFacebookTwitterロシクネッ♪ 

標津町では、地域おこし協力隊(文化遺産インタープリター・標津サーモン科学館支援員・観光地域づくりコーディネーター)を募集しています。
*応募締め切り:2020年2月28日
__