2019年3月19日火曜日

ビワマス稚魚も展示中

先月下旬から,当館の「稚魚コーナー」でビワマス稚魚(当歳魚)を展示していますので,本種を紹介したいと思います。ビワマスはその名のとおり琵琶湖水系固有のサケ科魚類であり,サクラマスやアマゴの近縁種(サクラマス種群の1種もしくは1亜種)として知られています。


 ビワマス雌親魚(撮影:尾田昌紀博士)

湖内における,または河川に遡上したビワマスは降海型サクラマスとよく似ていますが,サクラマスと比べ,目が若干大きいと言われています。


 降海型サクラマス雌親魚

ただし,その生活史はサクラマスというよりサケ(シロザケ)の方に似ています。つまり,河川残留型となる雄の一部を除けば,生活1年目の春から初夏にかけて川を下り湖で数年過ごした後,多くは3~5年魚として秋に繁殖のため河川に遡上します。繁殖後,全ての遡上親魚は死んでしまいます。

↓↓↓

もう、ヤッチャイマス!! 3/21~4/26

標津サーモン科学館のFacebookページは、2015年10月から始め、
もうすぐ「いいね」が1000件に到達しそうです。
*3/19昼現在:988件

日々ご覧いただいている皆様、ありがとうございます。

1000件に到達したらやります!といっていた感謝企画ですが、

3/16釧路新聞根室面で紹介いただきました

待ちきれないので、明後日3/21からヤッチャイマス!

感謝のキャンペーン企画
「あなたのために『腕ガブ』やります!」
期間限定:3/21~4/26



↓↓↓

2019年3月18日月曜日

悩ましい。

本日3/18現在、

 

地上30m「展望室」から標津川河口方向

標津前浜沖合に流氷が漂っています。

この状況では、漁師さん方は定置網を入れることができません(流氷に網を破壊されてしまう)。

となると、

サーモン科学館に展示する海水魚の補充ができません!

当館で展示している海水魚の多くは、漁船に同乗して展示用の魚を分けていただくのですが、定置網が入らない冬の間は、この手段はとれません。
悩ましい・・・。

ということで・・・、

釣りにてgetすることに。

とはいっても、厳冬期のこの時期、釣れる場所も手段も魚種も限られるわけで、



2月の休日には、野付湾の氷上でチカを狙いました。



スタッフも(うちの息子も)動員して狙いましたが、



う~ん、なんとか10尾超え・・・。
(戦力外と思われていた息子が意外と釣ってくれた・・・)



まぁ、状態よく搬入することができましたので、


チカ

「中水槽2」で展示しています。

以下、裏話。

↓↓↓

2019年3月17日日曜日

増やす!

標津サーモン科学館で飼育しているサケ科魚類のほとんどは、人工授精で継代飼育しています。

多くの種は秋に産卵期を迎えるのですが、


 カットスロートトラウト(オス)

ニジマスに近縁のカットスロートトラウトは
ニジマス同様、春が産卵期。


 カットスロートトラウト(メス)

バックヤードでキープしている親魚の成熟具合を見極めて、本日3/17に人工授精の作業をしました。

↓↓↓

2019年3月8日金曜日

サイトリニューアル + 町内イベント情報

まずは、お知らせから。

標津サーモン科学館のHPをリニューアルしました。
*アドレスは変更ありません。http://s-salmon.com/

ページ内容等を整理して、「今風」になりましたよ。
是非、ご活用ください。

そして、明日からの今週末3/9~10は、


「漁農食堂」

町内の若手漁師のグループ「標津漁師会」と若手酪農家のグループ「ペコスケ」のコラボ企画。不定期開催ながら3年目となります!
今回の新作となるタラを使ったコロッケなど、漁師ならではの魚介類に、酪農家のチーズを使ったメニュー、当日のスタッフはもちろんグループのメンバー=生産者の皆さんです!
3/9 18:00~23:00
3/10 11:00~15:00
標津町南1条東1丁目 喫茶「reef」
*国道244号線沿い、標津市街中心部

是非、ご来場ください!!

さて、標津の流氷情報を・・・、

↓↓↓

2019年3月4日月曜日

「サーモンハウス」テナント募集について

標津サーモン科学館隣接の「サーモンハウス」のテナントを募集しています。
詳しくは、下記標津町役場サイトをご確認ください。

標津サーモンハウスのテナントを募集します。
(標津町役場サイト)

詳細・お問い合わせは、
標津町役場商工観光課 Tel.0153-82-2131(代表)

*募集期間:2019年3月4日~3月31日

2019年3月2日土曜日

あと52件!

2015年10月から稼働させている標津サーモン科学館のFacebookページ

投稿作業の気軽さと皆様からのリアクションもあって、マメな頻度で更新を続けています。

約4年半弱の継続でページへの「いいね」数も伸びており、



3/2午後の時点で948件!

1000件到達も見えてきました!

というわけで、
標津サーモン科学館Facebookページへの「いいね」が1000件に到達した暁には、

下記「感謝キャンペーン」をヤッチャイマス!!

↓↓↓