2022年11月29日火曜日

ありがとうございました!

標津サーモン科学館は、12~1月は【冬季休館】となります。

明日11/30(水)は休館日ですので、本日11/29で、今季の開館は終了いたしました

シロザケの産卵シーン「魚道水槽」

本年も、ご来館いただいた皆様、運営に協力いただいた皆様に感謝申し上げます。

ありがとうございました m(__)m


知床ダイビング企画」スタッフによる写真展「メナシの海 四季を撮る」も終了となります。期間中、多くの方に知床の水中世界をお楽しみいただいたと思います。


標津川「観覧橋」も、遡上したサケの姿も少なくなりましたので、本日で終了とさせていただきます。

隣接する「標津サーモンプラザ」(レストラン・お土産など)は、引き続き営業しております。(水曜定休)

サーモンパーク駐車場・遊具類は、引き続き冬季も開放していますが、遊具エリアの除雪は行いません。(夜間閉鎖)

駐車場近くの公衆トイレは、常時ご利用可能です。(夜間閉鎖)

職員は出勤しております(平日)ので、ご不明な点がありましたらお問い合わせください。

冬季休館中も当ブログやFacebookTwitterでは、魚たちの様子など更新していきますので、引き続きお付き合いください♪

(T.N.)

__

標津サーモン科学館のFacebookTwitterも ロシクネッ♪ 

☆標津サーモン科学館は、12~1月は冬季休館となります。

標津サーモンプラザ」は、冬季も営業しております。(水曜定休)

__


2022年11月7日月曜日

エビスザメ移送!

標津サーモン科学館では、2021年8月18日と10月13日に標津沖で漁獲されたエビスザメ2尾を展示していました。

*8月25日にも漁獲され搬入しましたが、同日夕方に死亡を確認。この個体は、北海道大学水産科学館(函館市)へ収蔵

その後、1年以上にわたり、2尾のエビスザメは館内「海水大水槽」で悠々と泳ぎ、多くの方々を楽しませてきました。

過去に他館で飼育事例はあるものの、現在では国内で唯一の生体展示であり、しかも2尾いるということで、遠方から駆けつけていただいたサメ・ファンの方々もいらっしゃいました。

飼育1年を過ぎ、一回り大きくなった(とくに胴回り)エビスザメ(全長で1.6mくらい)。

「順調に飼育できている」状態ではありましたが、反面、この水槽では今後手狭になってしまうことも想定されます。

かねてよりお付き合いのある福島県の「アクアマリンふくしま」に相談したところ、「是非、ほしい!」ということになり、先日11/5、移送作業を行いました。

↓↓↓

2022年11月1日火曜日

【開館再開:11/3~】標津サーモン科学館

11/3追記

11/3より、開館再開しております。

__

標津サーモン科学館は、職員に新型コロナウイルス陽性者が確認されたため、10/26~11/2の間臨時休館とさせていただいておりましたが、11/3(木・祝)より開館再開を予定しております

休館中は、ご不便ご迷惑をおかけいたしました。

11月は、館内「魚道水槽」にて「シロザケの産卵行動展示」を行います。



うまくいくと、1日の開館時間内に2~3回産卵することもあります。産卵が近づいたら、館内放送でお知らせします。

※11/3・6開催の「秋の実習」は定員となりましたので、受付終了とさせていただきました。

☆☆ 11/11~13は「鮭の日」キャンペーン!! ☆☆

__

◎11月は水曜休館(祝日の場合は翌日休)となります。

標津サーモン科学館のFacebookTwitterも ロシクネッ♪ 

__



2022年10月26日水曜日

【臨時休館10/26~11/2*】標津サーモン科学館

*11/1追記:

11/3(木・祝)より開館再開予定となりました。

__

標津サーモン科学館は、職員に新型コロナウイルス陽性者が確認されたため、本日10/26~当面の間臨時休館とさせていただきます。

ご迷惑をおかけいたしますが、ご了承いただきますようお願いいたします。

開館再開の目途が立ち次第、改めてお知らせいたします。


*10/28追記:

11/2(水)までは臨時休館を継続させていただきます。11/3以降の開館再開については、目途が立ち次第、改めてお知らせいたします。

11/3「シロザケの産卵行動観察会」にお申込みいただいている皆様には、別途ご連絡させていただきます。



2022年10月19日水曜日

11/3・6:「秋の実習」のお知らせ

*11/1追記:

定員となりましたので、受付終了とさせていただきました。

__

標津サーモン科学館では、下記の日程で『秋の実習』を行います。


▼シロザケ産卵行動観察会▼
11/3(木・祝) 10:00~15:00

サーモン科学館と忠類川で、産卵行動を観察します。
※サーモン科学館から忠類川までは、各自で移動をお願いします。


▼シロザケ人工授精体験▼
11/6(日) 10:00~15:00

サーモン科学館でシロザケの人工授精作業と産卵行動を観察します。



定 員…各実習先着15名(事前にお申し込みください)
集 合…標津サーモン科学館
参加料…無料
 (ただし入館料または年間パスのご提示が必要です)
持ち物…軍手、タオル、汚れていい服装
    産卵行動観察会に参加の方は、長靴(あれば胴付長靴)、防寒着。
    偏光グラスを持っている方は持参
その他…小学生以下の方は、保護者同伴でご参加ください。

※各日、1時間程度の昼休みを設けますので、各自で昼食の時間としてください。

◎申し込み、お問い合わせは、サーモン科学館まで!
皆様のご参加をお待ちしております。

↓↓↓

2022年10月12日水曜日

写真展「メナシの海 四季を撮る」 開催中!

現在、世界自然遺産・知床の羅臼町を拠点とする「知床ダイビング企画」スタッフによる写真展を開催しています。

写真展「メナシの海 四季を撮る」

ガイドサービスや撮影業務などで日々潜っているスタッフだからこそ出会える瞬間、豊かな知床の海に暮らす生き物たちや光景を20点の写真で紹介しています。

今回は、写真のチョイスについても「お任せ」でお願いしたので、どんな写真が揃うのか、私たちも事前に把握していませんでした。

設営時には、梱包から取り出す1枚1枚との出会いに、ため息が出るとともに見惚れました。

設営の際には、知床ダイビング企画総出で来てくださいました

定番ともいえるクリオネや流氷、カラフトマスやサクラマス、対象物も季節もバラエティーに富んだ作品を選んでいただいたと思います。

また、食卓に上る機会もあるミズダコやタラバガニなどの作品もあり、なじみのある生き物たちが水中で暮らす姿も紹介されています。


四季折々の表情を見せる水中世界をお楽しみください。

11/29までの開催となります。

↓↓↓

11/11~13は「鮭の日」キャンペーン!!

11月11日

1が4つ並ぶため、数々の「○○の日」になっています。

近年では、水族館業界でも「チンアナゴの日」として、認知度が上がってきているところですが、


が!


標津サーモン科学館としては、


「鮭の日」デス!!


「鮭」という漢字を分解してみると、『魚・十・一・十・一』となるため、11月11日は「鮭の日」。

「鮭の日」は、1987年に新潟県村上市が制定、1992年には大阪市中央卸売市場「鮭の日委員会」が制定、さらにこれらと別に築地市場の北洋物産会が制定し、2003年に日本記念日協会から正式に認定されたという。


今年も、ちょっとしたキャンペーンをヤッチャイマス!


『鮭ネーム』さん いらっしゃ~い‼ 


「鮭の日」11/11を含む11/11(金)~13(日)限定で、お名前にサケ科魚類の呼び名が入っている方は、サーモン科学館のご入館が無料に!


なかなか「鮭」が入っている方はいないので、種名(標準和名)だけでなく、

「サケ科魚類の種名・呼称・学名・英名・料理名などが、自分の名前に含まれている方」

を対象とします!

図鑑などの記載をよ~~~く見て、自分の名前にサケの仲間が隠れていないか、探してみて下さいね。


こちらの過去記事↓も参考にしてくださいね♪

・「こんなにいる! 『鮭ネーム』さん♪ 

・「まだまだいるよ♪ 「鮭ネーム」さん 」

私たちが見つけていない「鮭ネーム」さんの登場に期待しています!


ご入館の際に、ご申告の上、氏名を確認できるものを提示、および名前のサケに関する部分を提示してください。(後で気づいても払い戻しは不可)

キャンペーンは11/11~13限定の企画となります。

無料入館となるのは、対象のご本人様のみとさせていただきます。


今回は「鮭の日」企画のため、サケ科魚類以外の鈴木さん(スズキ)や松川さん(マツカワ:カレイの一種)などは除外させていただきます。また、王(キングサーモン)・金(ゴールデントラウト)というような変換事例は対象外、あだ名やハンドルネームなども対象外とさせていただきます。ご了承下さい。

__

◎5~10月は無休で開館します。11月は水曜休館(祝日の場合は翌日休)となります。

標津サーモン科学館のFacebookTwitterも ロシクネッ♪ 

__