2019年7月13日土曜日

塔の上のワイン会

昨日(7/12)、標津サーモン科学館で標津町商工会婦人部主催の「ワイン会」が開催されました。
会場は、サーモン科学館の地上30m「展望室」!!
標津の夜景を見ながら、美味しいワインを楽しんでいただく趣向です。



サーモン科学館閉館後の18時、イベント開始!

BGMには、標津町内川北地区にある“山本商店“の山本さんによるクラリネットの生演奏♪
誰もが耳にしたことのある曲で、会場も盛り上がります。

おいしそうなワインや食事が並び、展望室も普段とは違うおしゃれな雰囲気・・・。



ワインは前述の“山本商店“の山本さんによるセレクト。
お店では1万本を超えるワインを扱っていらっしゃいます。

↓↓↓

2019年7月11日木曜日

今年もいよいよ♪

標津サーモン科学館で展示している海水魚の多くは、職員が定置網漁船に同乗して、採取してきています。

今朝7/11も出掛けてきました!
そろそろ、「あの魚」が入らないかな??

「おっ!!」


シロザケ

おお~、シロザケ!

だったんですが、残念ながら網の中ですでに死亡していました・・・。

本命は、この時期ほしいところとして、


カラフトマス

カラフトマスを手堅くget!

7/8に初物をお迎えし、本日7/11時点で7尾が「海水大水槽」を泳いでいます。

その外にも・・・、

↓↓↓

2019年7月6日土曜日

サクラマス、跳ねる!

標津町内の標津小学校では、学習段階に合わせて、サケについて学ぶ「サケ学習」が、学年ごとに用意されています。

昨日7/5は5年生、標津で漁獲もされるサケ科の「サクラマス」の遡上観察を行いました!
雨が降りそうな空模様でしたが、何とか天気も崩れず実施できました ^_^

道路から観察する河原までは濡れた場所や急な斜面を歩くので、まずは靴を履き替え準備!



河原に降りたら、館長によるサクラマスの生態解説。
川で生まれ、海で生活し、産卵はまた川に戻って行う。
サケと大きく違うのは、全ての稚魚が海に降るのではなく、一生を川で過ごす魚(ヤマメ)もいるということを、大きな滝をバックにパネルを見ながら勉強します。



↓↓↓

2019年6月29日土曜日

楽しく学ぶ♪

昨日6/28、標津小学校3年生の皆さんが来館されました。
今回は、サーモンパーク内の小川にて、生き物の採集と観察です!
前日午後からどんよ~りとした空模様でしたが、雨も降らず、カンカン照りでもない「野外学習日和」になり一安心 ^_^

準備ができたら、副館長が簡単にやり方や注意点について手短に説明・・・。
最後に「早くやりたいひとー」の一言に、子どもたちは元気に「はーい」!
みんな勢いよく小川に飛び出して行きました!



コツは、岸際に網枠をつけて、上流側から足で網に追い込むこと!


 お上手♪

さ~て、何が採れたかな?



↓↓↓

2019年6月27日木曜日

新たな珍顔

標津サーモン科学館の展示生物の中でも、異質な姿と不思議な動きから、密かに人気を集める不思議生物「ユムシ」。

ユムシ

当館の「中水槽」横「変な生き物水槽」にて展示中です!



そんなユムシの同居人として、ニューフェイスの登場です!!

それがこちら ↓↓

 

なんじゃこりゃ!?

↓↓↓

2019年6月24日月曜日

7/12「サーモン科学館展望塔ワイン会」のお知らせ

素敵なイベントのお知らせです♪

「サーモン科学館展望塔ワイン会」
7/12 18:00~20:00

主催:標津町商工会女性部

標津サーモン科学館の高さ30m「展望塔」、
国後島から根釧台地の広がり、標津の市街地を見下ろす絶景ビューポイントです。

今回標津町商工会女性部の皆さんによる初のイベント、
この展望塔から夕陽や夜景を見ながら、ワインと軽食を楽しんでもらおう!という企画です。

前売りチケットは1枚2,500円で限定20枚
標津町商工会:Tel.0153-82-2333
早くも残り僅かとのこと!

今回1回目の初開催ですが、今年度中に、また数回開催予定とのことです。


2019年6月21日金曜日

7/7(日):「サクラマス遡上観察会」+αのお知らせ

お知らせ①

標津サーモン科学館Twitter、始めました♪
https://twitter.com/shibetsu_salmon


このブログ・Facebookとはまた違った切り口で更新していきますので、ぜひご贔屓に。

お知らせ②

毎年好評いただいている「サクラマス遡上観察会」
標津町内忠類川「金山の滝」で、サクラマスが果敢にジャンプをする姿を観察します。



○7月7日(日)13:00~ ※悪天中止
○定員 申込先着20名
○集合場所 標津サーモン科学館
○参加料  入館料+520円(保険料、資料代)
○申込締切 7月6日(土)
○スケジュール
 13:00~ 館内でレクチャー
 13:20~ 金山の滝へ移動
  (各自移動して、遡上観察)
 14:30頃 金山公園で解散
○用意する物 汚れてもいい服装、軍手、長靴、虫よけ
○その他ご注意・確認事項
 ・どなたでもご参加いただけますが、
  一部ロープを使って崖を降りる場所があります。
 ・小学生以下の方は、保護者同伴でお願いいたします。
 ・サーモン科学館から金山の滝までは、
  各自で移動をしていただきますので、
  ご自身での移動手段がある方とさせていただきます。

★お申し込みは、標津サーモン科学館まで★
Tel.0153-82-1141  Fax.0153-82-1112
HPのお問い合わせフォームから
氏名・年齢・住所・電話番号をご連絡ください。

*この場所は国有林エリアであり、営林署に入林許可を得て立ち入っています。
 足場の悪い場所であり、ヒグマの生息地でもあるので、
 一般の方は「金山スキー場」手前の橋の上から滝を遠目にご覧ください。
*近隣の清里町内「さくらの滝」 (斜里川)は、滝の近くまでアクセスでき、
 サクラマスのジャンプを見やすく整備されたスポットです。
 こちらもオススメです♪
__

標津サーモン科学館のFacebookTwitter
ロシクネッ♪