170817

2015年7月7日火曜日

楽しく学ぶ♪

昨日7/6のことですが、
町内標津小学校3年生の皆さんが
ご来館♪



今回は敷地内の小川で
生き物の採取と観察です。



館長の指導の下、
泥だらけになりながら、
生き物を採取♪

まぁ、理屈抜きで
楽しい時間ですよねw

その後、


 
 スジエビ(抱卵個体)

採取した生き物について
観察・解説します。

彼らは、5月にこの流れに
シロザケ稚魚を放流しています。

そこに住む生き物は、
稚魚たちの餌になるものも
稚魚たちを餌にするものもいます。

そんなサケを取り巻く生態系の一端を
学ぶ機会となっています。


彼らが採取した生き物の一部は、

↓↓↓




フクドジョウ

館内の水槽で展示していますので、


エゾトミヨ(婚姻色の出たオス)
 

 
 「僕が捕まえた1匹」と
展示水槽で出会えるかもしれませんw


現場でサポートしていた
案内スタッフOがGetしたのは・・・、


 
ヌマガイ

・・・。

こちらはリリースとなりました。


別の話題・・・

釧路新聞にも掲載されましたが、


 

 
北見市留辺蘂の「北の大地の水族館」など
水族館プロデューサーとして著名な
中村元氏が7/6・7と滞在され、
色々とご意見を賜りました。

すぐに取り組めそうなこと、
今後手をかけていくべきこと、
ちょっとしたテクニック、
大枠のことや水槽ひとつのことまで
貴重なお話を伺い、
改めて学ぶ・考える機会となりました。

感謝申し上げるとともに、
それを反映していくために
やるべき宿題を整理して
取り組んでいきたいと思います。

(T.N.)

0 件のコメント:

コメントを投稿