170701

2017年2月18日土曜日

期待!

低気圧の通過に伴い、
北海道内でも荒天に見舞われた地域もあるようですが、
標津周辺は青空が広がりました。

ここ数日、春の陽気に恵まれていたので、
吹く風がひどく寒く感じましたが。


館内「魚道水槽」で泳ぐ
シロザケの稚魚 約10, 000尾



昼過ぎくらいからが
陽の光が差し込み
一番見栄えのする時間♪



後頭部が虹色に写ったのは
日差しの影響ですw

少しずつ大きくなってきて
写真映えするサイズになるので、
これからにも期待ですね♪


そんな本日2/18、
標津町内では、



「漁農食堂」

町内の若手漁業者と若手酪農家が
「地域活性化」
「水産物・農産物の付加価値を高める」
という熱い思いのつまった企画です!

今日2/18と2/25(土)の2日間限定イベント。

標津町南1条東1丁目(国道沿い) 喫茶リーフ

ランチタイムに館長が伺いましたが、
盛況すぎて諦めたくらいの賑わいだったそうですw


メニューの中にある「ゴソガレイ」。

↓↓↓



ヌマガレイのことを指す
この辺りでの地方名です。


 ヌマガレイ:海水大水槽

汽水・淡水域にもいることがあるため、
カワガレイとも呼ばれます。

同様の理由からスナガレイも地方名でカワガレイと呼ばれ、
ややこしいですな~。


鮮魚店に並んでいても安価で
カレイ類の中でもマイナーな種ですが、
新鮮なものの刺身は隠れた一品ですw

まさに今回の企画にうってつけの魚種ですね♪

今日間に合わなかった方(夜の部はこれからですが)、
来週2/25もありますので、是非‼

 
 ヌマガレイ

町の基幹産業である漁業と農業、
若手の熱意と活躍に期待です!

  (T.N.)
 

0 件のコメント:

コメントを投稿