2021年4月8日木曜日

【3館連携企画】『鮭ポーチ』活用・改造アイデアコンテスト! 4/10~5/31

北海道内には、サケをメインのテーマとする水族館施設として、「札幌市豊平川さけ科学館」「サケのふるさと 千歳水族館」「標津サーモン科学館」の3館があります。それぞれ開館当初より、サケ科魚類展示での協力、情報提供、人的交流、連携企画など、これまで相互協力体制をとってきました。

現在、3館では「鮭ポーチ」(ウイングクラウン社製)を販売しています。

鮭ポーチ・ミニポーチ:各ギンケ・ブナケ

製作にあたっては千歳水族館が監修し、インパクトのあるリアルさが目を引く商品です。

腹部にチャックがついており、もちろん「ポーチ」として活用できます。

内容例:財布・スマホ・キーケース(鮭ポーチ:ブナケ)

各館で販売を開始してから、担当者も驚くペースで皆様にお買い求め頂いています。


そこで!


購入した方から「こんなふうに飾っている」「こんなものを入れると便利」というような活用実例を大募集します!


【3館連携企画】「『鮭ポーチ』活用・改造アイデアコンテスト」

2021年4月10日~5月31日


ペンケースやルアーケースなど、小物を入れるにはミニポーチがピッタリ♪

ペンケースとして(ミニポーチ:ギンケ)

ルアーケースとして(ミニポーチ:ギンケ)

また、加工しやすい素材ですから、改造のアイデアもあり♪

エラと口に穴をあけて『新巻鮭』と一緒に干しました!
(実物と並べても違和感がない!?)

穴をあけてベルトを通してボディバックに♪

ほらほら、色々とアイデアが湧いてきたんではないでしょうか??

皆様のSNS(Twitter・Facebook・Instagram)に画像とハッシュタグ「#道内サケ3館」・「#鮭ポーチ活用」・「#鮭ポーチ改造」をつけて投稿してください。

各館の担当者をうならせたアイデアを披露いただいた方に、各館オススメの「中に入れたらいいもの」「一緒に飾ってほしいもの」などを贈呈!

さらに、「鮭ポーチ」を製造しているウイングクラウン社様に協賛いただき、特別賞「鮭ポーチ全バージョンフルセット」も選定しちゃいます!!


下記要綱をご確認の上、奮ってご参加ください!

↓↓↓

【3館連携企画】「『鮭ポーチ』活用・改造アイデアコンテスト」

2021年4月10日~5月31日

ご自身のSNS(Twitter・Facebook・Instagram)に画像とハッシュタグ「#道内サケ3館」と「#鮭ポーチ活用」か「#鮭ポーチ改造」をつけて活用している事例を投稿していただきます。

・Facebook・Twitterの場合、3館のアカウントをフォローして、画像とハッシュタグ「#道内サケ3館」と「#鮭ポーチ活用」もしくは「#鮭ポーチ改造」をつけて、投稿してください。

・Instagramの場合、千歳水族館のアカウントをフォローして、上記と同様に投稿してください。

※SNSでエントリーされる際、ハッシュタグ「#道内サケ3館」と「#鮭ポーチ活用」もしくは「#鮭ポーチ改造」をつけてください。ハッシュタグの間違い、「非公開」になっているなど、3館の担当者が投稿を見つけられないエントリーは無効となります。

・上記SNS以外のブログ・YouTube等に投稿される場合は、投稿されたページアドレスをinfo@s-salmon.comへご連絡ください。ただし、誰でも閲覧できるメディアに限ります


※4/10~5/31に公開されたものを対象とします。

※実際に活用されている事例を対象とします。(アイデア・妄想だけは対象外)

※公序良俗に反する投稿はしないでください。

※賞品の発送は、エントリー締め切り後(6月以降)を予定しています。当選された方には、ダイレクトメッセージでご連絡しますので、ダイレクトメッセージを受け取れる設定にしてください。

※ご応募いただいた画像等は、3館のwebサイトやSNS等で紹介させていただく場合があります。希望されない場合は、エントリーの際にご連絡ください。

※画像にご本人以外の人物が写っている場合、肖像権侵害等の責任は負いかねます。応募に際しては、必ず本人の了承を得てください。

※賞品の発送に必要な情報としていただいた個人情報は、賞品の発送とそれに伴う連絡のみに利用し、他の用途には利用いたしません。

※選考内容についてはお問い合わせいただいてもお答えできません。

※賞品の発送は、日本国内に限らせていただきます。

__

ゴールデンウィークには、3館でポーチをget、工作してみませんか?

皆様からのご応募、お待ちしております!

※各館、品切れの際はご容赦ください m(__)m


豊平川さけ科学館FacebookTwitter

サケのふるさと 千歳水族館FacebookTwitterInstagram

標津サーモン科学館FacebookTwitter


0 件のコメント:

コメントを投稿