170507

2016年11月25日金曜日

早いもので・・・

早いもので
11月も終わろうとしています。

ここ数日は冬型の気圧配置となり、
道内でも日本海側などでは
吹雪模様となっているようですが、


国後島(「展望室」から)

標津は抜けるような青空が
広がっています。

当地では冬型の気圧配置になると
晴れ間が広がることが多くなります。

その分、朝の冷え込みは
厳しくなるのですが。

こんな日は、
標津サーモン科学館の
地上30m「展望室」からは、

 

武佐岳

根室海峡を挟んで国後島、
武佐岳から知床半島の山々、
根釧台地の広がりなど、
360度の景観を楽しむことができます。


さて、
11月も終わるということは、

サーモン科学館の今季の営業も
残りわずかです!


12~1月は冬期休館は冬期休館となりますが、
今年は11/30が休館日となる水曜日のため、
11/29まで!



シロザケの産卵行動展示も、




お得な「年間パスポート半額販売」も、



↓↓半額で購入するためには↓↓
イベント情報のメール配信登録をしていただきます【必須】

→現在、有効期限内の年間パスポートをお持ちの方は
 半額で1年の延長ができます←



その他、諸々の魚たちをご覧頂くのも、

あとわずかな期間となりました!

明日からの週末、
今年のサケの見納めは
サーモン科学館で!

あとはお歳暮売り場で!

皆様のご来館をお待ちしております‼

↓↓↓


 
気付けば、
日没もすっかり早くなり、
 

16時前には日没。
17時の閉館時には
もう真っ暗です。



日没を展望室から
地平線に沈む夕日を眺めて、



星空を見ながら家路につく。

そんな季節です。
 
 (T.N.)
 
 

0 件のコメント:

コメントを投稿