170817

2017年8月10日木曜日

あなたの☆推しメン☆は誰?

本日8/10から、
「サーモンパーク夏まつり」開催中♪
初日から多くの皆様に、ご来館頂き、感謝申し上げます <m(__)m>

期間中のお楽しみ企画のひとつが、

標津サーモン科学館の生き物たち
『神7+1』人気投票'17


標津サーモン科学館ではサケの仲間を中心に、標津の海や川に暮らしている生き物たちを展示しています。

その数 約80種! (8/1現在)
その中から特に人気のある7種+1を選び
誰が№1となるか皆さんに投票していただきます!

さてさて、気になるエントリー選手は・・・??

↓↓↓



①シロザケ



言わずと知れたサーモン科学館の主役。
見てよし・釣ってよし・食べてよし。3拍子揃った魅力で、王者「シロザケ」に死角なし

②イトウ



「幻の魚」と呼ばれ、1mを超える巨体は釣り人の憧れとなる存在。
水しぶきを上げてエサに食らいつく様は、大人も子供も夢中になるビッグスター。


③チョウザメ


*画像はダウリアチョウザメ

今やサーモン科学館において、サケの存在を揺るがす存在。
指パク体験で度胸が試され、「エサガブ」SHOWの迫力に度肝を抜かれる。


④ドクターフィッシュ



かいがいしく手に寄って来る姿に、いじらしさを感じる。
よく見るとつぶらな瞳とヒゲがあり、サーモン科学館では数少ない癒し系キャラ。


⑤クリオネ



涼しげに水中を舞う小さな姿、流氷の訪れる当地においては、欠かせない存在。
捕食時にはバッカルコーンを伸ばしその姿は豹変する


⑥クラゲ


*画像はキタカミクラゲ

ふわふわと漂う姿に、いつしか時が経つのを忘れて見入ってしまう。
魚たちとはまた違った魅力で、ヒーリング効果抜群。


⑦エゾサンショウウオ



受付カウンターの小さな水槽で、つぶらな瞳で皆様をお出迎え。
ピンセットからエサを食べるベタ慣れ個体 。
ウーパールーパーのような幼生も人気がある。


ここまでは誰に投票しようか悩むメンバー7種。

そしてそして、
今回特別枠で登場した刺客が、


⑧サーモン科学館館長


*町内W画伯の力作♪

サーモン科学館開館以来26年間、表に裏に尽力を尽くし、面白そうなことを実現してきたアイデアマン。近頃「チョウザメに腕をかまれる人」と世間で認識されつつあるのが悩み。
(本来の研究対象はあくまでサケ)

選ぶ基準は、見た目・味・釣り・思い入れなど何でもOK!
好きな生き物を1つ選ん投票してください!

一番人気に投票した方から抽選で3名様に
 『標津海の幸セット』(5,000円相当)をプレゼント🎁

さらに全応募者から抽選で景品が当たるチャンス!
◎特賞:『標津海の幸セット』(5,000円相当) 3名様
○「標津の海産物詰め合わせ」(2,000円相当) 6名様
○「標津の海産物詰め合わせ」(1,000円相当) 6名様
○レストラン「サーモン亭」お食事券(1,000円分) 15名様
○サーモン科学館ペア招待券 15名様
○サーモン科学館オリジナルグッズ(キーホルダーなど) 5名様

合計50名様に景品が当たります!

*期間終了後、集計・抽選し、発送致します。

ご来館の際には、是非ご参加ください!
 

※景品協力:レストラン「サーモン亭」・鮮魚販売「しべついちば」


 (T.N.)
 
標津サーモン科学館のFacebook
ヨロシクネッ♪

0 件のコメント:

コメントを投稿