170817

2016年12月14日水曜日

掘ります!

11月の1ヶ月間
館内「魚道水槽」では、



シロザケのペアを収容し、
産卵行動を展示していました。

本日12/14は、
産卵後の卵を回収する作業を。

水槽内の水を抜き、
砂利を掘り返して、
卵を回収します。



見た目は、とっても地味な作業www

なんですが、

↓↓↓



時期が時期ですから、
寒いですし、
腰が痛くなりますし、
なかなか卵が見つからないと
悲しくなりますし・・・。

はい、泣き言はやめましょう。

で、



無事、回収w

美味しそうなイクラ♪

というよりは、
冷たい水の中
砂利の下に眠っていた
小さな生命です。



多くは卵の中の眼が確認できる
「発眼卵」と呼ばれる状態でした。
(白く濁っているのは死卵)

回収した卵は、
バックヤードで大切に育てられます。

今日は半面でタイムアップ!
だったので、
残り半面は、また明日以降に・・・。

 (T.N.)
 
標津サーモン科学館のFacebook
ヨロシクネッwww

0 件のコメント:

コメントを投稿