170817

2016年12月22日木曜日

キャビア~~♪

昨日12/21、
チョウザメについて共同研究に取り組んでいる北海道大学から、

キャビアがやって来ました \(^o^)/


「今年もお世話になりました、お歳暮ですw」

でも

「クリスマスに美味しく食べてね♪」

でもなく、


 
もちろん生きたチョウザメの卵です♪

高級感のある瓶詰ではなく、
味気ないビニール袋に入って・・・。


さっそく、



「ハッチングジャー」という
孵化用の容器へ収容。

今回やって来たのは・・・、

↓↓↓





各地のチョウザメ養殖で一般的に使われる品種
ベステル(オオチョウザメ♀×コチョウザメ♂)

と、



ベステル♀×アムールチョウザメ♂の掛け合わせである
ベスタム


はい、

卵の状態では、
全く見分けがつきません‼


キャビアといえば、
言わずと知れた高級食材ではありますが、
当館においては、塩漬けになったキャビアよりも
食用ではない「生きたキャビア」こそが
価値があるのです。

(そういやイクラもそうですね♪)

このキャビアが、


ベスカルミカ
ベステル♀(オオチョウザメ♀×コチョウザメ♂)×カルミカ♂(ダウリアチョウザメ♀×ミカドチョウザメ♂)

いずれはチョウザメとなって、
皆様にお披露目できるでしょうwww

 (T.N.)
 
標津サーモン科学館のFacebook
ヨロシクネッwww♪

0 件のコメント:

コメントを投稿