170817

2017年4月28日金曜日

写真展「アラスカのサケたち」開催‼

標津サーモン科学館では、
明日4/29から

北海道内サケ関連水族館施設3館連携企画
Wild Harmony 安井健太郎 写真展
「アラスカのサケたち ~Wild Salmon in Alaska~」

を開催します!

 

過去に知床で活動し、
近年アラスカでサケ類の撮影を行っている
Wild Harmony 安井健太郎氏(神奈川県在住)の写真展、
まずは第1弾カラフトマス編の19点を展示しています。

 

写真表面をアクリルで加工した写真をメインに
合計19点の写真を展示しています。



アクリル表装写真は透明感と水中感があり、
アラスカの川のブルーを背景に、
臨場感のあるサケたちの躍動が伝わってきます。

次世代へと生命を繋ぐため、
傷つきながらも上流を目指すサケたちを通して、
たくましく生きるサケたちと
彼らを育むアラスカの風を感じて下さい。


実は、この写真展、

↓↓↓



北海道内サケ関連水族館施設3館連携企画
と銘打っている通り、

札幌市豊平川さけ科学館
サケのふるさと 千歳水族館
標津サーモン科学館

の3館連携企画です。

北海道内には、サケをメインのテーマとする水族館施設として、この3館があります。それぞれ開館当初より、サケ科魚類展示での協力、情報提供、人的交流など、これまで相互協力体制をとってきました。
今回、この3館での連携企画として、写真展を企画しました。写真展は、カラフトマスとベニザケをテーマにした2パターンを作成し、下記の日程で3館を巡回します。

○標津サーモン科学館
  カラフトマス:4月29日~6月30日・ベニザケ:7月1日~8月27日
○豊平川さけ科学館
  カラフトマス:7月15日~8月27日・ベニザケ: 9月12日~10月15日
○千歳水族館
  カラフトマス:9月~10月中旬 ・ベニザケ:10月下旬~
という写真展のスタートが、明日の標津から!

先ほど、準備も粗方整いました!

皆様のご来館をお待ちしております♪


  (T.N.)
 
標津サーモン科学館のFacebook
ヨロシクネッwww

0 件のコメント:

コメントを投稿