170817

2015年8月15日土曜日

実習生日記:8/15

こんにちは。N大学のK.K.です。

現在、インターンシップ実習として
標津サーモン科学館にお世話になっています。

実習中は、あれこれ館内外の作業を
経験させていただいています。、

さて、8/13は日中はいいお天気だったので、
与えられた任務は・・・、

魚捕りでした!! (笑)

科学館の横を流れてる小川でたも網片手にいざ出陣!



1時間ほど我を忘れて網を振った結果がこちらです。

↓↓↓





ヤマメ、ドジョウ、フクドジョウ、エゾトミヨなど
想像以上に沢山捕れました!

とにかく大漁!

・・・と思ってたら、

副館長は、この量なら30分で捕れるそうです。
ちょっとガッカリ・・・↴↴↴


まあ、何はともあれ
都会に住む自分にとっては
貴重な経験をさせてもらいました。

ウキゴリ

これらの採集した魚達は
それぞれ淡水タッチプール、入り口横の渓流水槽、
淡水魚コーナーの水槽に展示していただきました!

標津サーモン科学館にご来館の際には、
これらの魚を
20歳の大人3人が汗水流して
魚を追いかける姿を思い描きながら
ぜひ、ご覧ください!!


自分達は8/7~20という長い期間滞在しているので、
12日、休暇をいただきました。


オシンコシンの滝

標津町に隣接する
世界自然遺産の地「知床半島」
羅臼、ウトロ、斜里と車でドライブし休暇を満喫!
残りの期間も、頑張ります!

 
(N大:K.K.) 
 

0 件のコメント:

コメントを投稿