170507

2016年8月23日火曜日

台風一過

台風11号・9号が連続で北海道に上陸。

台風の被害を受けられた皆様、
影響を受けられた皆様、
お見舞い申し上げます。

本日8/23は、
大雨による標津川増水のため標津町内、
標津サーモン科学館を含む一部の範囲に
避難勧告が発令され、
午前中は臨時休館となりました。
その後、避難勧告が解除され
午後から開館しました。

昼前には台風一過
青空が広がり、


 武佐岳

地上30m「展望室」からは、
ずいぶん久しぶりに仰ぐ青空・・・。

↓↓↓



しかし、眼下に見下ろす標津川は、





通常の流路を超え、
河川敷を轟々と川水が流れています。



川水が落ち着き、
遡上したサケの姿が見られるようになったら、
「観覧橋」の開放を開始しますが、
向こう数日はかかるかと思われます。

また、館内魚道水槽」は、
例年9/1から通水しサケたちの遡上を展示していますが、
こちらも川水が治まってからの準備作業となるため、
9/1には開通できない可能性が出てきました。

目処が立ち次第、またお知らせいたします。

猛威を振るった台風の影響、
今日の青空は
何だか恨めしく見上げるしかないのでした。


そして、本日8/23より
北海道新聞朝刊にて、
サーモン科学館の取り組みについて
3日間記事が連載されます。


↑クリックで少し大きく表示されます

是非、ご覧ください。

 (T.N.)
 
標津サーモン科学館のFacebook
ヨロシクネッwww
 

0 件のコメント:

コメントを投稿