170817

2016年8月18日木曜日

実習生日記:8/18

どうもこんにちは!
TN大学のY.S.です!

自分は博物館学実習で
標津サーモン科学館にお世話になっておりますが、
今回はその活動内容の一部を紹介したいと思います。




↓↓↓



いや、博物館の実習なのか? これ...
完全に漁師じゃん!?

と思う方もいると思いますが、
これも立派な実習の活動、
展示用サケの搬入です!

漁師さんの船に同乗して
活きのいいサケを分けて頂きます。
標津サーモン科学館は
漁師さんのご協力によって成り立っております。

今回は定置網を引き上げてシロザケの捕獲!
館長も網の引き上げを手伝っております。

え? 自分は手伝わないのかって?

素人が手を出すとかえって迷惑になりますし、
搬入用の容器に水を汲むという
重要ミッションにあたりながらの見学ですwww




見てください! おさかな天国ですよ!

お目当てのシロザケからカレイにカジカ、
お馴染みウグイくんと様々な魚が船を埋め尽くします!!

この中から館長選りすぐりのシロザケ4尾を選び、
そのまま早急に「海水大水槽」に収容!!



無事搬入は完了しました!




自分が運んだサケが泳ぐ水槽!

それを見る皆さんの姿を眺めていると、
早起きが報われる思いでした。

(TN大学:Y.S.)
 

0 件のコメント:

コメントを投稿