170817

2016年8月17日水曜日

実習生日記:8/17

標津サーモン科学館では、
夏から秋にかけて、
博物館学実習やインターン実習で
各地の大学生を受け入れています。

各学生は日々様々な業務にあたってもらうわけですが、
 私から学生に出す課題は、

「このブログの記事を書きなさい」 
(期間中に最低1回必須)

今回は、TN大学のT.H.くんの投稿ですw
__

みなさん、こんにちは!

8/8から10日間、
博物館実習でお世話になっている
TN大学のT.H.です。

私は今回の実習で色々な業務を体験しましたが、
その中で「チョウザメ指パク体験コーナー」での案内もしました。


 チョウザメ「指パク」体験コーナー

こちらのコーナーは、
チョウザメに指を食べられてみよう!
というコーナーです。

これを聞くと、
口の中に指を入れて本当に大丈夫なの?
と心配する人もいるとおもいますが、

安心してください!

はいてま・・・

いや、違った、

大丈夫なんですよw

↓↓↓



まず、エサをあげると
そこにチョウザメがたくさん寄ってきて
大渋滞になります。

その中に指を入れるわけですが、
わらわらと寄って来たチョウザメたちに
さすがに躊躇される方も多い・・・。



そんなとき、私たちがお声をかけ
チャレンジのサポートをしています。




チョウザメには歯がないので、
口に指を入れても痛くありません。

むしろ、割と気持ちいいです!
(と私は思います!)




今回の実習でお客様を案内するとき
最初は戸惑いながらの案内でしたが
少しずつ案内ができるようになっていきました。

うまく「指パク体験」をしていったお客様の笑顔を見ると
自分たちも嬉しくなりました。

元気なチョウザメたちもいる標津サーモン科学館
みなさんも是非来てみてはいかがですか?



(TN大学:T.H.)
 

0 件のコメント:

コメントを投稿