170701

2015年12月8日火曜日

今日のがっかり

根室海峡に面した標津町。

北海道の東、
知床半島と根室半島の間、
国後島に挟まれた海域を
「根室海峡」と呼びます。

地上30m「展望室」から
根室海峡を挟んで国後島
*海岸のコンクリートが標津漁港

標津の前浜から国後島までの距離は約24km。

この海域では、
北側にあたる知床半島羅臼町方面から
南側の根室半島方面へ海流が流れています。

そして、
標津前浜から野付半島沖合にかけては、
国後島によって狭くなっているためか
この海流が強く早く流れ
ある方は「川のような海」と表現されていました。

そんな根室海峡に面する標津漁港。

以下、今日の本題。

↓↓↓



先日12/5土曜日、

既報の通り、標津から網走方面へ
お出かけしに行ったのですが、
出がけに標津漁港を通りかかりました。

お、岸壁には釣り人の姿が・・・!!

チカの群れが入っていたようで、
割と頻繁に竿をあげる姿を遠目にチラリ。

もちろん竿を出したくなりましたが、
今回は家族サービスのお出掛けだったので、
スルーせざるありません。

そして、昨朝の出勤時に
やはり港を通りがかり、
時間がなかったので竿は出せませんでしたが、
「そこそこのサイズ」のチカが、
「そこそこのペース」で釣れているのを確認。

そしてそして今朝12/8、「今日こそは!!」と
釣りの時間を考慮し、早目に自宅を出発。

漁港には、今朝も釣り人の姿w


「よし!!」と思い、
顔馴染みの常連さんたちに状況を聞くと、


「今日はだめだ~~~!!」
「昨日までは、よかったぞ~~!!」
「魚がいる時に来ないとだめよ~~!!」



・・・・・・。

確かに、あんまり釣れていない・・・。


南無さん!!


「川のような海」に面した標津漁港。
漁港内に出入りする魚の動きは早く、
先日来の好調をもたらした群れは
昨日までにあらかた出ていってしまったで、
水槽展示用の魚の確保♪ とか、
あわよくばいっぱい釣れたら
天ぷらやらフライやら塩焼き♪ とか
と思い描いていたチカたちは、
いつになるかわからない
次の機会への持ち越しとなったのでした・・・。

ざんねん!!


手ぶらで帰るのも癪だったので、

ホオジロガモ

港内に浮いていたカモの写真を
ワンショット撮って来ました。

私の気持ちが反映されたのか、
やさぐれた表情のホオジロガモ・・・。


(T.N.)

標津サーモン科学館のFacebook
鋭意稼働中デスwww♪
(blogで紹介していないネタも・・・??)

0 件のコメント:

コメントを投稿