170507

2016年8月31日水曜日

スズキ騒動

今朝8/31の出来事。

先日8/24にイシガキダイを持って来て頂いた漁師さんから電話があり、

「スズキだと思うんだけど~」

到着したのはこの魚 ↓↓↓



「あ、たぶんスズキですね~w
 ありがとうございます♪」

で水槽に収容したわけですが、

そのとき若干の違和感を感じたのは事実。

直後にFacebookページに
とりあえず「スズキ」として
画像をアップ。

その後、皆様からコメントを頂きまして、
「スズキじゃないかも!」
ということになり、
改めて見直すことに・・・。

全国的には一般的なスズキですが、
北海道、道東域では、スズキ類自体、
「稀に漁獲されることがある」程度の
「珍しい」存在。

館長も「久しぶりに見た」スズキで、
正直自信がない・・・。

というわけで、館長のネットワークで
詳しい方にご相談www

サケ科魚類の同定依頼は多々ご相談頂くので、
こんな時ばかりはその逆パターンwww

その結果・・・、

↓↓↓





タイリクスズキ(=ホシスズキ)
と思われます。

交雑個体(タイリクスズキ×スズキ)もいるそうなので、
その辺は、・・・「?」

というところに落ち着きましたw

「若干感じた違和感」は
間違いじゃなかった・・・w

今回の台風・時化が関係あるのかないのか?
この所、暖流系の魚が舞い込んできている
サーモン科学館です。


件の魚は館内「海水大水槽」に収容・展示しています。

カラフトマス軍団に混ざってタイリクスズキが泳ぐ光景、



なんて、そうそうないでしょうなぁ~。

というわけで、
現在この水槽では、
(タイリク)スズキさんと、



イトウさんと



マツカワさんも

同居している「シェアハウス」??
になっています。

持ち込んでいただいた漁師さん、
同定にご協力頂いた方々、
コメントいただいた皆様、

ありがとうございました <m(__)m>

恥ずかしながら、
スズキですったもんだした
1日となりました。

 (T.N.)
 
標津サーモン科学館のFacebook
ヨロシクネッwww
 

0 件のコメント:

コメントを投稿