170507

2016年9月21日水曜日

サケの遡上状況:9/21 +α

9/21現在のサケ遡上状況です。

標津川は増水は治まったものの、
川水が濁っています。
標津川「観覧橋」から見下ろす範囲では、
まとまった魚群は見られず、
水面近くをサケが泳ぐ姿が時折散見されます。


シロザケ:標津川「観覧橋」

標津サーモン科学館内「魚道水槽」では、
日によって増減はありますが、
常時複数尾の魚影が展示面にいる状態です。

シロザケ♀:館内「魚道水槽」

カラフトマスは少数派となり、

シロザケがメインですね。

標津では「サケの遡上を見た!」というには、
すこし物足りない状況ですが、
知床半島エリアはカラフトマスをメインに
まとまった魚群が見られているようです。

○羅臼町内
・市街中心部:羅臼川
○斜里町ウトロ
・市街中心部:ペレケ川
・オシンコシンの滝近く:遠音別川

羅臼・ウトロの各道の駅には

観光案内所がありますので、
詳細はそちらでご確認下さい。

そして、今週末9/25(日)は・・・、

↓↓↓



「第52回 しべつあきあじまつり」
10:00~14:30
会場はサーモンパーク特設会場、
つまり、サーモン科学館前の芝生広場ですw

本日は、会場準備日w



 
無事に予定の作業も終わったようで
関係者の皆様、お疲れさまでしたw
 

当日は、多くの皆様のご来場と
サーモン科学館へのご来館を
お待ちしております <m(__)m>


そして、昨日の川北小学校に続いて、
本日9/21は、町内標津高校の皆さんが
シロザケの人工授精を体験しました。



その他、サケに関する研究のため
複数の大学のチームも出入りしており、
「サケの季節」のサーモン科学館、
てんやわんやしております♪

 (T.N.)
 
標津サーモン科学館のFacebook
ヨロシクネッwww

0 件のコメント:

コメントを投稿