170701

2015年11月21日土曜日

あと10日!!

11月の1か月間
標津サーモン科学館内「魚道水槽」では、
シロザケのペアを収容し
「産卵行動」を展示しています。

2ペアを隔離して展示しており、
本日は「右側」のメスが奮闘w

9:30・12:20・15:00と
開館時間中に3回の産卵 \(^o^)/
*シロザケのメスは1腹の卵を
 3~5回に分けて産卵します。


15:00の産卵  *残念ながら、後ろ姿・・・

それに引き換え「左側」のメスは・・・。

明日は3連休中日!!
明日もサケたちには、頑張ってもらいましょうw

※サーモン科学館は、
 12~1月は冬期休館となります。
 「産卵行動展示」も本年の開館も、
 残り10日です!!


そんな本日11/21、

↓↓↓



東京農業大学オホーツクキャンパス(網走)
食品香粧学科の皆さんがご来館。

シロザケをはじめとするサケ科魚類に関するレクチャーや
シロザケの採卵・人工授精




解剖しながら体の構造など、
見学・実習となりました。

サケに関しては、
生物学的な生態はもちろんのこと、
水産・食品など話題は多岐に渡ります。

限られた時間内で
濃密な情報のシャワーを浴びることになったと思いますが、
今後の学習の中で深めていってもらえればと思います。

前述のシロザケの産卵ですが、
学生さんたちとは、いまいちタイミングが合わず、
到着前と昼休憩と出発後になってしまい、
立ち会えたのは数人程度だったようです。

残念!!


(T.N.)

標津サーモン科学館のFacebook
鋭意稼働中デスwww♪
本日12:20の産卵シーン、
FBに動画でUPしてありますw

0 件のコメント:

コメントを投稿