170817

2016年10月17日月曜日

遡上状況:10/17

ここ数日、
標津川に遡上するサケの数が
増えています!


標津川「観覧橋」10/16
*画像は調整しています

過去に紹介したような
川面を魚群が埋め尽くすような
「MAX状態」ではありませんが、
本日10/17は、
今季では一番の数が
見られました。



大潮が影響しているのか、
晴れ続きからの曇天がよかったのか、
こればかりはサケたちに聞いてみないと
要因は定かではありません。


館内「魚道水槽」10/17

カラフトマスの姿はほぼ見なくなり、
シロザケオンリー。

↓↓↓





10月も中旬を過ぎ、時期的には
これから徐々に減っていくタイミングですが、
どうなるでしょうかね??

館内の別の水槽では、



展示中のシロザケの受精卵。
よ~く見ると卵の中に黒い点がw 
卵の中で発生が進み
目ができてきた「発眼卵」という状態になりました♪ 
ただイクラを展示しているような状態ですが、
ちゃ~んと「生命」なんですよね。



サーモンパーク敷地内でも
紅葉の彩りが目につきます。

標津サーモン科学館へのご来館と併せて、
周辺もお楽しみくださいw

 (T.N.)
 
標津サーモン科学館のFacebook
ヨロシクネッwww

0 件のコメント:

コメントを投稿