170817

2012年8月15日水曜日

よく遊び、よく学べ・・・ 「お魚タッチプール」!!

「これ、なんの魚~?」

「ヌルヌルしてる~」

科学館の入り口にある当館の人気コーナーの一つ、
タッチプールから聞こえる子供たちの声。
ドジョウをやっとの思いでつかまえて、ご満悦のようす。


プールの中に入っているのは
ウキゴリ、ウグイ、ヤチウグイ、フクドジョウ、ドジョウ、エゾトミヨなどなど・・・
北海道の川にすむ淡水魚たち。
ここではプールの中に入っているお魚たちに直接さわっていただけます。

何やらたくらんでいる?もよう


このコーナーにはふだん、直接魚にふれる機会が少ない
現代っ子たちにもいきものたちにさわって、
楽しみながらお魚たちのことを知ってもらいたい・・・・・
そんな、スタッフの願いがこめられているんです。  
                                                      (K.N)

          
                                                                                     

さてさて、このお魚たちはどこからきているのかというと・・・
サーモンパーク内を流れる小川で仕事の合間にスタッフが
手網ですくって、捕まえているんです。

手網で魚をつかまえるスタッフ
*遊んでいるわけではありません
この小川で採れた魚たちはタッチプール以外には
川の広場の置き水槽、稚魚コーナーなどで展示されています。

ところで・・・小川で魚を採っていると、季節に合わせて、
魚たちのいろんな表情を垣間見ることができるんです。
たとえば・・・

お腹に卵をかかえたスジエビ

生後2か月ほどのエゾトミヨの赤ちゃん
産卵のために小川に遡上してきたウキゴリ
などなど・・・。
そうした小川の魚たちの生態の一部を
館内 川の広場にある置き水槽で紹介
していたり・・・というわけです。

             そのほか、科学館の2階には海水タッチプールもあります。                           
こちらも人気コーナーです。ぜひお試しあれ!!

0 件のコメント:

コメントを投稿