170817

2014年7月3日木曜日

じゃんぷ ジャンプ JUMP !







 まるで仙人が住んでいるかのような、深い深い霧に覆われた「金山の滝」の森。
 生憎の天候でしたが、今年も標津小学校5年生のサクラマス遡上観察会を行いました!







 まずは、集合場所の駐車場できちんと整列します。
 金山の滝に入る前にきちんと整列して、サクラマスの説明と今日の注意事項についてお話を聞きました。






 そして金山の滝に向かう途中の橋の上でも、サクラマスの説明を聞きました。
 サーモン科学館のスタッフから教えてもらった通り、恐る恐る橋の下を覗いてみると・・・。






 サクラマスがいっぱい!
 海で大きく育ったサクラマスが、川に帰ってきて、たくさん泳いでいました!






 次はいよいよ大冒険!
 金山の滝に行くために、ロープ一本を頼りにして、高い崖を降りていきました!






 サーモン科学館のスタッフからサポートをしてもらいつつ、慎重に慎重に、一歩ずつ一歩ずつ、ゆっくりゆっくり崖を降りていきました。
 怖かったけど、頑張って下まで降りた場所は・・・。






 落差3mの「金山の滝」の目の前!
 霧みたいな水しぶきが上がって、大迫力でした!




 滑って転ばないように足下に注意ながら水の中を歩いて、そーっとそーっと滝の側まで近づいていきました。
 そしてサーモン科学館のスタッフに教えられた通り、滝の真ん中くらいをじっと見つめていると・・・。



ぴょ~~~ん



 飛びました!
 サクラマスが一生懸命ジャンプして、滝の上に上がろうとしています!
 でも上手く滝を越えることができずに、ほとんどのサクラマスが滝の下に落ちていました。それでもサクラマスは何度も飛び上がって、頑張って滝を超えようとしていました。滝を越えて、もっともっと上流まで泳いでいって産卵をするために、一生懸命にジャンプしていました。
 それでも今日は滝を越えようとするサクラマスが少なくて、そしてジャンプするのはほんの一瞬の出来事だったので、瞬きをしていたお友達はサクラマスのジャンプを見逃してしまったみたいでした。






 サクラマスの観察の後は、足下の石や、石の間にいる昆虫について調べました。
 虫を捕まえて、サーモン科学館のスタッフに色々なことを教えてもらいました。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



 霧の立ちこめる肌寒い中、標津小学校の皆さんは目を輝かせて、自然の営みを観察していました。
 サクラマスのジャンプを見ることができたお友達は、大きな歓声を上げていましたので、きっと貴重な体験になったと思います。
 ところで、サクラマスの観察が終わった直後にお友達が私に呟いた一言、「今度は、この崖を登らないといけないのね・・・(タメイキ」がとても印象的でした。


一般の方を対象とした「サクラマス遡上観察会」を7/13(日)に開催しますw
まだ定員には余裕がありますので、皆様のご参加をお待ちしております。

(M.O)



※・・・
 金山の滝付近は国有林であり、サクラマス観察会は営林署に入林許可を得て実施されています。また、ヒグマの生息地でもあるので、一般の方立ち入ることはできません。国道244号沿いの「金山自然公園」から滝をご覧になることができます。

0 件のコメント:

コメントを投稿