170507

2014年11月16日日曜日

お引越しw

早いもので、11月も後半に入りました。
標津サーモン科学館は、
12~1月は冬期休館となります。

ということは、
通常開館期間は残り2週間ほど・・・。

日も短い・寒い・雪も降る、
と出掛けるのが億劫な季節になりますが、

そういわずに!!
是非、ご来館ください!!
(水曜日は休館日とさせていただいております)


さて、

先日来、ちょっとした懸念事項だった、
「海水稚魚水槽」のケムシカジカ・・・。


ケムシカジカ(小)

同居魚に対する捕食圧が高すぎるので、
お引越ししてもらうことにしましたw

その転居先は・・・、


↓↓↓



「海水大水槽」横の置き水槽(90cm)w

この水槽の一応のメインは、
ホッカイエビ(ホッカイシマエビ)ということにしていますが、

シチロウウオ(adultサイズ)

をはじめとした、雑居水槽・・・。
 
当のケムシカジカは、
 

新居に落ち着いているようですが、
もう一回り成長すれば、
主役であるホッカイエビ(前掲画像奥)も捕食対象となってしまうでしょう・・・。

というわけで、
様子を伺いながら、
(つまり、気の抜けない状態・・・)
のキープとなりそうです・・。

元の「海水稚魚水槽」のメンバーである、
 

 イソバテング(小)

 シチロウウオ(小)

にとっては、「脅威は去った・・・」と
羽をヒレを延ばす日々が、
安息の日々が、
訪れた状態でしょうが、


クロソイ(小)

同居魚であり、強気な食欲を見せる
クロソイが、もう少し大きくなったら、
きっと新たな脅威となるでしょう・・・。

自然界においては、このような
「小さなものは大きなものに食われる」
「弱肉強食」
「食物連鎖」
といった、バトルロワイヤルが繰り広げられているわけです。

(T.N.)

0 件のコメント:

コメントを投稿