170817

2014年6月15日日曜日

それぞれのお仕事・・・w

この所、標津町内の街並みで目に付くのは、
 
 ナナカマド

町の花であるナナカマドが、白い小さな花をつけていますw
秋には、赤い実をつける「あの木」です♪

そんなナナカマドの並木の中をサーモン科学館まで出勤するわけですが、


本日の私はと言えば、時間を作って小川の魚を少々採取♪

その結果・・・、

本日はドジョウ類が豊漁でして、


館内「川の広場」の「ドジョウ水槽」にドジョウとフクドジョウを追加♪
特に、20cm越えの大型ドジョウも入り、見応えアリw

その他、

ウグイ

 小さめのウグイをたくさん泳がせてみたり・・・、

 スジエビ

スジエビ水槽をうじゃうじゃにさせてみたり・・・と、

まずまずの成果を得ることができました♪


さらには・・・、



本日午後には、


ダイバーさんが入って、大水槽の清掃作業w
スタッフOは、展示面に白いパネルをあてて汚れを見やすくする作業補助。


また、別の助っ人は、

海水の運搬作業

1日かけて、海とサーモン科学館を何往復もして、
飼育・展示用の海水を運びます。

こういった作業には、職員以外にも地元の漁師さんなどにご協力いただいています。
漁作業が休みの貴重な日曜日にもかかわらず、
快く協力していただいている助っ人の皆さんに感謝です <m(__)m>

そんな皆さんの協力もあって、
今日もサーモン科学館は開館することができるのでしたw

(T.N.)

0 件のコメント:

コメントを投稿