170817

2014年6月1日日曜日

産みました~~~!!

今日から6月に入り、各地での猛暑が報道されています。

ここ標津でも青空が広がり、気温が上がり、日差しは強かったという印象でしたが、

Tシャツでちょうど良いくらいの、心地よい気候でしたw


週末ということもあり、多くの方にご来館いただきました♪
ありがとうございます <m(__)m>


地上30mの「展望室」からは、

武佐岳方面

青空に浮かぶ山並みと白い雲・・・

山並みの雪融けは日に日に進み、
平野部は、日に日に緑が濃くなってきていますw

角度を変えて見れば・・・、

沖合25kmに浮かぶ北方領土「国後島」

 これだけくっきり見えていると、
右側に伸びる低い地形の海岸線も確認することができます。


そんな本日・・・、

事務所で不機嫌なパソコンと戦っていた私・・・、
そこへあたふたと駆け込んできた某スタッフ、

「産みました~~~!!」

? ? ?

その舞台は、

 
↓ ↓ ↓



館内「海水大水槽」横の置き水槽w

その中に、

何ものかの卵が・・・!!

 直径数mm、いわゆる「沈性付着卵」の卵塊です。
思い当たる、この水槽の住民は、

シチロウウオと 、

ヤセサブロウ 

いずれもトクビレ科に属する名前も姿もけったいな魚たちです。

この春は、いつも乗船している沿岸小定置網に、よく入っているので、
調子に乗って、その度に連れて帰ってきていました。

見るからに腹が膨れた抱卵メス個体が多かったのですが、
その中で、産卵に至った個体がいたようです♪

この仲間は、オスメスで交尾を行い、受精卵を産むようですので、
2世が誕生する可能性もありそうですw

おそらくシチロウウオの卵かと思われますが、
今後の進展を見守っていきたいと思います♪

(卵のほとんどはバックヤードに仕分けました)


おまけ・・・
 

日々の業務のひとつ、
水槽のお掃除に勤しむ飼育スタッフの後姿・・・。

(T.N.)

0 件のコメント:

コメントを投稿