170817

2014年7月18日金曜日

特別展、始まる!!

明日から三連休♪
夏休みが始まる方もいるでしょうw

「夏休みは標津サーモン科学館へ!!」
 
皆様のご来館をお待ちしております!!


さて、
先立ってお知らせいたしましたが、


というわけで、
明日7/19より、サーモン科学館内でも、
特別展「忠類川サーモンフィッシング20周年」がスタートです♪


その準備のため、スタッフ一同は、
ここ数日、「夏休みが終わる直前の小学生のような日々」を送っていたわけですが、

河川に遡上した「さけます」は採捕することが禁じられています。
その大前提に対して、「釣獲調査」という形で、
遡上したシロザケ・カラフトマスを釣ることができる制度を最初に取り入れたのが、
標津町・忠類川ですw

現在では、各地で同様の取り組みがなされている河川がありますが、
その先駆となった存在です。

展示スペースでは、

↓↓↓



制度そのものの紹介に始まり、


タックル類の紹介
(館長自慢の使い込んだ釣り道具:私物)
 


原則となるメソッドなども紹介していますw
 
躍動感あふれるカラフトマスのファイト、
トルクフルなパワーで圧倒するシロザケのファイト・・・。

その1匹に出会うためのヒントも、展示内容に散りばめたつもりです♪

テーマの性質上、釣り人向けの内容が主体で、
忠類川のサーモンフィッシングを愛した故西山徹氏が残した
書籍なども展示しています。


「釣り」といえば、


お子様向けの「ミニ釣堀」も登場♪

現状、釣り上げるには「大人も真剣になる必要がある難易度」になってしまったので、
今後釣りやすく改良していきます・・・。


 
皆様のご来館をお待ちしております!!

同スペースに展示していました
「リュウグウノツカイの剥製」と「巨大オヒョウの魚拓」は、


少々場所を変えて、継続展示しています♪



その他にも、ここ数日で少々新入り・水槽の入替などもありましたよ♪

(T.N.)

0 件のコメント:

コメントを投稿