170817

2014年5月28日水曜日

実習生日記w

標津サーモン科学館では、大学生等を対象とした
博物館学実習や職業体験実習を受け入れています。

実習期間中には、
サーモン科学館の運営にかかわる様々な業務を体験してもらうことになるのですが、
各学生に私から与える課題が、

「ブログを1記事書いてみなさい」

今回は、現在実習中の専門学校生M君の記事ですw

__

初めまして!
5月19日から標津サーモン科学館で実習させていただいております。

さて今回紹介させていただきたいのは、
僕が研修期間中お世話することになりました
受付横を賑やかにしてくれている
エゾサンショウウオ」です!


この子よく見ると体が金色なんです!

そしてクリクリした目がなんとも言えません!

僕は毎日餌をやるのが楽しみでしょうがありません。

自分のものにしたいくらい。。。
日々大事にお世話していきたいと思います。
皆さん是非この愛らしい姿を見に、当館へ足をお運びください!

__

以下、職員追記・・・



彼に餌やりを任せているエゾサンショウウオは、
昨年春に採取した卵から育て上げた1匹です。

ピンセットで、エサとなる虫を目の前に差し出すと、「パクッ」と食べてくれますw
全身金色というわけではないですが、
漆塗りのような、金ラメを散らしたような、なかなか魅力的な体色です♪

その横の水槽では、


今年のエゾサンショウウオたちも展示しています♪
やはり卵から育てたものたちですw

エサとなるエゾアカガエルのオタマジャクシをモリモリ食べ、


後脚も、生えてきましたよ♪
(サンショウウオは、前脚≫後脚の順に生えます)

0 件のコメント:

コメントを投稿