170817

2014年5月15日木曜日

エビ・カニ祭り www

本日の館長は、野外調査3本立てで、1日中フィールドへ。

そんな館長のお土産は、

 全長12cmほどの可愛らしいヌマガレイ

しかも、純淡水域産♪

ヌマガレイは通常海域で暮らしていますが、河川や汽水湖など、海に繋がる水域に入り、
汽水域や純淡水域でも生息しています。

さっそく、館内の「とある淡水水槽」へ収容してみました♪
完全に底床の砂に潜ってしまいましたが、

どの水槽のどこに隠れているか、探してみてください!!


さて、 留守を預かる私はいえば、
いくつかの水槽の手直しやら、住人のお引越しやら・・・。


その作業のひとつ、
「中水槽」前の置き水槽のメンバーを入れ替えました♪


この水槽の、一応の主役は、

 ホッカイエビ(いわゆるホッカイシマエビ)

言わずと知れた、野付湾の名物。
ゆで上げた赤い姿がお馴染みですが、生きている時はアマモの中で暮らす保護色なのか、
緑色か褐色です。(今シーズンは少数ですがアマモの水槽内展示にもチャレンジしています!!)

その他の住民として、



ハナサキガニ

 先日の活魚作業で網に入った個体。
食用にするには、味噌汁の出汁に使う程度の小さな個体。
とはいえ60cm水槽では、結構存在感があります。

せっかくのハナサキガニ、
「ぜひ表舞台に出したい」というスタッフの声を受けての入れ替え作業。

これまで、カニ類はなかなか居場所がなかったので、
今回、この水槽を「エビ・カニ:甲殻類水槽」としてまとめてみました♪
(甲殻類以外の生き物も入っていますが、ご容赦を・・・)

その他のメンバーとして、

モクズガニ(海産 )


クリガニ(毛ガニに近いカニ)

など、食べても美味しいカニたちが同居しています♪

(食べ放題の話題を期待した方、すいません・・・)

(T.N.)

0 件のコメント:

コメントを投稿